JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5555
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

示談金を相手方に支払う時 念書の貰い方 を知りたい

質問者の質問

示談金を相手方に支払う時
念書の貰い方
を知りたい
投稿: 5 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。まず、どのような内容の示談かが、ご不明ですが、多いのは、傷害罪などの刑事事件に関するものと、不貞行為などの民事に関するものが考えられますが、後で訴えられないようにとか言う表記がないので、不貞行為などと考えられますので、その内容でご説明致します。不貞行為などの民事の不法行為による慰謝料請求の場合、相手を知ってから3年の時効があります。そのため、一度、示談したつもりが、再度、時効までに、やはり金額が低かった、気持ちが変わったなどと請求して来る場合も見受けられます。もちろん口約束のケースが多いのですが、単に、お互いが書くような念書や誓約書などの私文書でもトラブルが多いものです。出来れば、公正証書で示談書を作成されることをお勧めい致します。公正証書の法的な効力は高く、もうこれ以外に双方に債権債務は無いと清算条項を入れるだけで、そこで時効は関係なく、もう請求がされなくて安全と言えます。清算条項は、私文書でも記載が可能ですが、私文書の場合、騙されてて書いたとか、脅されたとか言ってしまうと、取消が可能な契約となってしまいますのでご注意が必要です。公正証書の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されるとスムーズに作成が可能でしょう。頑張って下さい。

法律 についての関連する質問