JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5556
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

母のことでご相談申し上げます。5年前に父が亡くなり 半年程してから長女が実家に戻り

質問者の質問

母のことでご相談申し上げます。5年前に父が亡くなり 半年程してから長女が実家に戻り 母と長女の同居が始まりました。実家は商売をしており 次女の私と妹は仕事のために毎日実家に通っています。姉と別れた義兄は実子(養子縁組)になっており 私共は4人兄弟の形になっております。ある日ふとしたことから
8000万円位の母のお金が 姉の知り合いのいるプルデンシャル生命保険のドル建て保険に変わり 母が亡くなると受取人は姉100%になっていることが発覚し 解約を促した所 それはとても損金が多く発生するということで そのままにして 受け取りを相続人4人で分割するということで その件は保留となりました。ほどなくして母の土地が売却され 今度はその売却金がまたプルデンシャル生命に母の生命保険に全額され 受取人は再度姉に100%になってしまいました。母のときを母が売却するのは自由ですが 一円も母の自由にならず 税金等はまた母が工面することになりました。その折義兄と姉妹を集めて親族会議をしこれでは母のお金が無くなってしまう旨伝えましたが 他家へ嫁いだ者が実家のことまで口出しは無用との言葉。痴呆が始まりつつある母は意志がしっかりしてないから 後見人制度を頼んだらどうかという提案にも必要ないと言われました。その後もう一枚 私共の知らない内にとちが売却され そうした不動産屋さんや保険屋さんは 私共の定休日や夜間に現れて 一切お会いすることは無く いつも事件が起きてから 母が困ってから私共に知らされます。この度 母が部屋に置いておいた600万円が無くなっていると泣きつかれ どうしてそんな多額の現金を持っているのか?と調べた所 今年の春に4件の銀行で合計1250万円が引き出されていることが解りました。この内200万から300万円は使途が解明していますが 他は母本人があやふやです。母は事が起きると私共に相談し泣きつくのですが その内直に忘れてしまう現在です。この母の財産の保全の為に何か出来る方法ないでしょうか?母が亡くなる迄 母が困る生活はさせたくないのです。疑いたくはないですが 保育園の給食の仕事をしている姉が ペルファイアの新車を2台続けて乗っているのも不自然で理解出来ません。どういう所へ行ってどういう手続きが出来 費用がどのくらいかかるのか 教えて頂きたく相談申し上げます。
投稿: 5 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。まず、お姉様とその元ご主人様は、現在、どう言う関係でしょうか?お金だけのつながりでしょうか?偽装離婚と言うことではないでしょうか。いずれにしても、今後、お母様の相続が起きた時にもめることは見えています。とりあえず、離婚したお姉様の元ご主人様は、家を継ぐなどの必要性が無い限り、養子縁組は解除してもらった方が良いでしょう。それと、やはり、成年後見制度は利用すべきです。成年後見制度は、相続人のためのものではなく、判断能力が無くなった本人(ここではお母様)のための制度ですので、仮に、申立ての時に、お姉様が反対しても、家庭裁判所は、後見人を付けます。そもそも、まだ判断能力がお母様にあれば、保佐人や補助人を自らの申立ててでも出来ます。そうして、後見人をつけて管理しないと、お姉様は、お母様のお金を自由にするでしょう。それは本来、家族と言えども、横領罪や窃盗罪になりますが、親子の場合、親族相盗例が働き警察に刑事告訴が出来ません。出来るのは、民事の不当利得返還請求ですが、難しいところです。また、生前贈与の不公平を是正する特別受益制度は、ほとんど、今は、認められないので、使われたらおしまいです。すぐにでも、成年後見制度を申立て、ご相談者でも構いませんし、司法書士の先生のような専門家で構わないので、財産調査をして、お姉様に不正があれば、不当利得返還請求をしてもらうことです。まずは、家庭裁判所にご相談下さい。頑張って下さい。

法律 についての関連する質問