JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5181
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

父が弟と半分と、公証役場に一緒に行って遺言書を作ったにもかかわらず、弟夫婦は子供の学費が足りない、とずいぶん父のお金をと

質問者の質問

父が弟と半分と、公証役場に一緒に行って遺言書を作ったにもかかわらず、弟夫婦は子供の学費が足りない、とずいぶん父のお金をとりました。この分は、精神の障害者である私でも、自分の分は取り返す権利があるのでしょうか?
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 30 日 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲で、ご回答致します。まず、遺言書を作成した後でも財産は、お父様のものですから、お父様が、どう処分しようがそれは構わないことになっています。また、兄弟で、生前の贈与に差があっても、最近は、特別受益の持ち戻しとして認められることは少なくなっています。お父様が、認知症等で、判断能力が成ったりすれば、不当利得返還請求は可能ですし、詐欺や強迫なら、取消が可能です。そうでない場合は、障害者だからと言う理由で、贈与されたものを要求することは難しくなります。そう言う意味では、同じ額を、生前贈与してもらうと言う手もあります。

法律 についての関連する質問