JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5489
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

A社と顧客紹介の契約と合わせて通信機器のリース契約を締結しました。

ユーザー評価:

A社と顧客紹介の契約と合わせて通信機器のリース契約を締結しました。私はA社から通信機器の購入する代わりに、A社から顧客を紹介してもらうというそれぞれ別の契約です。顧客紹介は件数の義務を負っていません。契約の詳細は、
通信機器は6年リース。月々約3万。
私が紹介してもらう顧客(以下、紹介顧客)と結ぶ契約は、月額課金制で金額は顧客によってまちまち。紹介顧客から受け取る月額の課金料金が、リース料金に満たない場合は、リース契約終了後にA社が差額を負担する契約になっています。通信機器の料金は、顧客の紹介料も含まれているため他社で見積ったものと比較して、総額で130万以上高くなっています。顧客の紹介も、契約前には短期間で4件ありましたが、契約後は、1件もありません。4件の内、2件は未成約で、残りの2件も中途解約になってしまったため、現状、紹介顧客はいない状態です。
A社は紹介顧客の月額課金料金がリース料金を超えている間は、新規の顧客紹介を行ってこない状態で、現状は月額課金料金がリース料金に満たないため顧客を紹介してきています。ただ私としては、結局リース料金分しか顧客を紹介してもらえないのであれば、私は顧客の紹介を断ろうと思っています。ここで問題となってくるのは、リース契約や顧客紹介の契約とは別に、もう一つA社と結んだ契約です。その契約書には、私はA社を通してリース契約を結び、以下の内容に同意しているものとなっています。「契約物件の所有権は本件契約が成立するまではA社にあるものとし、A社は納入設置後といえども契約物件を引き上げる等任意に処分することができるものとする。」
とあります。この場合、通信機器は使えなくなるが、リース料金は私が支払い続けるということになるのでしょうか?

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。まず、顧客紹介は口実で、単に、通信機器のリース契約をしたいだけの話と思われます。顧客紹介の義務が無いのに、リース契約は継続すると言うのは、ご相談者様にとってリスクの高い契約かもしれません。6年リースで月額3万円だと200万円以上支払うことになります。それ以上儲かる顧客の紹介があり得るのでしょうか?また、6年後にその業者がどうなっているかは疑問です。それと、リース契約はご存じの通り、中途解約は出来ません。仮にする場合は、残額をすべて一括払いしないといけません。それと、契約物件の所有権が、本件契約が成立するまでは、と言うのが、ただしければ、既にリース契約は始まっているので、引きあげられることは無いでしょう。そうではなく、リース契約が始まっていても中途解約すれば、引き上げると言う意味合いではないでしょうか。とは言え、このままでは、ご相談者様に不利な契約ですので、必要ないなら、協議による合意解除もあり得ます。仮に、通信機器が、営業担当が言う程、役に立たないなら、債務不履行による契約の解除はあり得ます。また、これだけ、紹介がないなら、最初から契約しなかったと、民事の錯誤無効による契約の取消しもあり得ます。内容証明でされると良いでしょう。内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。応じない場合は、民事調停を申し立てると主張します。頑張って下さい。

質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
65310;契約物件の所有権が、本件契約が成立するまでは、と言うのが、ただしければ、既にリース契約は始まっているので、引きあげられることは無いでしょう。文章は最初に記載した文章そのままです。
ですのでそのまま読むと納入設置後に所有権はA社に無いと思いますが、
「納入設置後といえども契約物件を引き上げる等任意に処分することができる」とあるのは
所有権は無いけど、処分は自由にできるということになるのかと考えています。そのため、本件で知りたいのは次の事項です。
所有権が曖昧ですが契約書通りになった場合、
リース物件をA社が自由に処分できることになりますが、
その場合には、債務の支払いはA社に移るのでしょうか?
それとも私が債務を負ったままになるのでしょうか?

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。基本的に、リース契約の場合、リース中にリースを提供している側に所有権が無くなると言うことは無いと思われます。あくまで貸している訳ですから、リース終了後には返還か再リースと言うことになり、ユーザーが所有権を持つことはありません。相手が勝手に引き上げることは無いと思いますが、中途解約をすれば、引き上げることになりますので、使ってないのに債務だけ残るのはあります。そう言う意味では、ユーザーが不利になる契約ですが、安く長期で借りられる本来のメリットがあるかどうかです。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問