JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5363
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚後、夫との間にある娘の養育を引き受けながらもたまに元夫が娘に会う関係を続けてきていましたが、突然先週末に、元夫と結婚

質問者の質問

離婚後、夫との間にある娘の養育を引き受けながらもたまに元夫が娘に会う関係を続けてきていましたが、突然先週末に、元夫と結婚したと自称する女から、元夫に二度と一切連絡するな、お前も娘も死んで地獄に落ちればいいといった内容の罵詈雑言だらけのメールが届きました。
再婚のお知らせに対して淡々とおめでとう、お幸せに。と返事したのですが、同時に、ずっと共有したままになっていてデータを元夫がパソコンに持っている娘の写真アルバムが突如iPhoneから削除されていることに気づき、とにかく写真データは送って欲しいと元夫のメルアドにメールしました。が、帰ってくるのは妻を名乗る女の更なる罵詈雑言メールのみで、電話しようがメールしようが一切通じず、その女から、連絡するなと言っただろ!という罵詈雑言の嵐の返信があるのみです。何がどうなろうが、娘の父親は元夫です。娘の両親として最後に何らかの話し合いをして整理せねばならないこともあることも当然の両親の責任だと理解しているのですが、逐一この新しい妻と名乗る女が間に割って入ります。これは合法なのでしょうか?また、本人にだけ宛ててとはいえ、会ったこともない人間に侮辱と呪いの文章を送りつけるこの女の行為そのものも合法なのでしょうか?警察に相談した場合、メールの送信元を調べてもらえたりするのでしょうか?
それともこういうことは一切、プライベートの問題で法的には裁かれない内容なのでしょうか?
どうかよろしくお願いいたします。
投稿: 4 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、わかる範囲でご回答致します。まず、元ご主人様とは、何ら連絡が出来ないと言うことでしょうか?その再婚した女性のことは、全くご相談者様は、知らなかったのでしょうか。いろいろご不明な点はございますが、最初に、離婚時に離婚条件をまとめた離婚協議書を私文書もしくは公正証書での作成はされていますでしょうか?口約束で、養育費や面会交流のことは決めていたのでしょうか?仮に、離婚協議書があれば、面会交流もそれに従うことになります。再婚したら会わないとか決めてなければ、会う必要はあると思います。そうではなく、口約束だけの場合は、うやむやになるので、今からでも、離婚協議書や家庭裁判所の調停を申し立てると良いでしょう。元ご主人様のデータが無いと言うことと連絡が取れないことから、元ご主人様もその女性と関係している問題かもしれません。次に、メールでご相談者様を誹謗中傷したり、会わせないよう強要することは、名誉棄損罪や強要罪の可能性があります。刑事告訴も可能かもしれませんが、警察はなかなかこの手の問題には、民事不介入で関わらないのが現状です。民事の不法行為による慰謝料請求等での対応になると思います。とりあえず、内容証明で、面会交流等の要求をされてみても良いでしょう。内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると相手に本気度が伝わりなめられずに済むでしょう。応じない場合は、家庭裁判所の調停を申し立てると主張されると良いでしょう。これは、もとご主人様に対してですが、その再婚した女性にも内容証明で、今回の件を警告をされても良いでしょう。頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12362;返事が遅れ申し訳ありません。他にもいろいろと専門家にアドバイスをいただく中、こちらのサイトでも弁護士からの回答を期待しておりました。行政書士の免許では、やはり内容証明での対応になるのだなと改めて確認させていただきました。が、過去にも内容証明を送ったことがありますが、正直、効果がないどころか、かえって内容証明「程度」では、相手の怒りに油を注ぐ形になり、結局は法に訴えるのであれば、きちんと弁護士にお願いするべきであるという考えを持っています。今回も、色々な弁護士に相談すると、まず実際のメールを見せてください、と返答があって、きちんと法的観点から実際の状況確認作業に入ってくださいましたので、そちらにお願いしようと思っております。
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
33258;動的に再回答のメールが来る仕組みなのかもしれませんが、ごめんなさい、上記の通り、今回は、行政書士の方でなく、弁護士の方にお願いしたく、別のサイトの弁護士の方がタイムリーに対応してくださったので、そちらの方にお願いすることにしてしまっております。最初からこのサイトでも弁護士の方の返事を期待していたのですが、どういう判断か、行政書士の方からのお返事でしたので、その点は今後依頼者が選択できるようになると、こういったミスマッチによる時間の浪費が無くなるかもしれないと考えます。
誠に恐縮ですが、ご理解板だけますと幸甚です。

法律 についての関連する質問