JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1060
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

私がフィリピン旅行で、高熱で困っていた時、助けてくれた女性の相談です。その人は2011年9月20日、鈴木幹雄という人と現

質問者の質問

私がフィリピン旅行で、高熱で困っていた時、助けてくれた女性の相談です。その人は2011年9月20日、鈴木幹雄という人と現地で結婚し、婚姻届を出しています。mso発行の婚姻証明書もあります。その後、現在まで連絡がありません。日本に行きたいと、言ってます。
投稿: 5 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 5 ヶ月 前.

日本人の配偶者という在留資格はありますが、単に届出がされているだけでなく、婚姻実態が強く求められます。

たとえば、仮に現在申請をするとすれば、国際電話の通話記録やデートの写真、双方の渡航記録などが求められます。

従って、現在のように連絡も取れないような状況であれば配偶者ビザは認められません。

現状で可能性があるとすれば、旅行者としての短期滞在ビザか、留学や就職を目的としたビザなどが考えられます。

短期間の旅行であれば、たとえばご質問者様のところに会いに行くことが目的であれば、ご質問者さまとフィリピンの方の交友関係を証明する書類や写真などをあわせて提出されれば、なにもなしでビザ申請をするよりは短期滞在のビザが認められる可能性は高くなるでしょう。

海外の方が日本で勤務される場合には、大学卒業し、当該専門知識を活かした職業への就職である必要があり(分野によっては一定の資格や国際大会での優勝経験など、客観的にプロフェッショナルと認められるような経験でも認められる場合があります)、かつ就職がきまった上でビザ申請をする必要がありますので、こちらについては非常に厳しいのが実情です。

参考

http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000121322.pdf

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
31169;の未熟な英会話のやりとりで、どこまでただしいかわかりませんが、始めの頃はやりとりがあったそうです。やりとりといっても、女性側から出来る事は経済的にありません。不思議な縁ですが、私も彼女が結婚した年の6月に別のフィリピン人と結婚しているので、当時のことを思い出すと、電話代だけで、10万位かかりました。結婚証明書が発行されると、それを日本語に翻訳したものをつけて、日本の役所に婚姻届と一緒に提出すると、両国での結婚が成立します。鈴木さんという人が動いてくれないと、彼女は身動きが出来ないのです。日本人のひとに責任は問えないのですか?
専門家:  houmu 返答済み 5 ヶ月 前.

もうしわけありません。

ビザについてのご相談との認識で対応させていただいておりましたが、違いましたでしょうか?

このサイトでは、頂いたご質問を拝見して、その分野に合わせた専門家が対応するシステムになっております。

恐れ入りますが、まずは、質問の範囲・目的を、ビザなのか、離婚なのか、慰謝料なのかというように、何をお知りになりたいのか教えていただきますでしょうか。

お手数おかけしますがよろしくお願いします。

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
12499;ザについては、フィリピン人と結婚経験があるので、わかっているつもりです。その日本人の方の無責任な行動に対して、専門家の立場で、どう思われますか?
専門家:  houmu 返答済み 5 ヶ月 前.

申し訳ありませんが、漠然と意見を求められてもこまります。

このような請求や手続きをしたいというように、もう少し具体的にご質問いただけますでしょうか。

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
12362;はようございます。仕事もしているので、返事が遅れました。彼女とラインで結婚当時のことも、詳しく聞きました。当時電話でのやりとり、写真もあったので、通話記録や写真を集め提出すれば、日本人の配偶者で日本に来れた。しかしその日本人は何が不法行為をして、タコ部屋入れられたと、言っています。それで全てダメになったそうです。何年の刑かはわからないそうです。彼女は本音を言わないので、どうしたいか話しのニュアンスから私が代弁すると、失ったこの7年を返して。慰謝料請求だと思う。しかし安い給料で、生きていくことしか出来ない。弁護士に相談も出来ない。
専門家:  houmu 返答済み 5 ヶ月 前.

ご説明ありがとうございました。

ご質問を拝見しますに、結婚届をなされただけではなく、当初はフィリピン国内で実際に結婚生活の実態があったということでよろしいでしょうか?国際結婚に関する準拠法は基本的に居住地を基本とすることになりますので、本件ではフィリピン法に基づいて離婚が可能かどうか、慰謝料請求が可能かどうかなどを検討することになります。

ただ、それ以前の問題として、相手方が所在不明ということになりますと、国内にいる日本人同士であっても請求が難しいです。法律的に見込みがあり、相手方が見つかって裁判自体は勝訴できたとしても、国は相手の財産を探してくれません。

ましてや、本当にタコ部屋に入っているような状況であるとすれば、それはすでに経済的に破綻しているということですから、裁判で勝ったところで時間と費用だけかかって1円ももらえないという結果になってしまう可能性が非常に高いことになります。

したがって、タコ部屋というのが実はうそであって、相手方に差し押さえることができるだけの財産が十分にある可能性が高いということであれば、費用を捻出して法律上の条件を満たしているか、具体的な検討に入られる価値もありますが、支払い能力が見込めないようであれば、かえって傷口を広げる結果になってしまう可能性が高く、おすすめできません。

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
32080;婚生活の実態というより、交際の実態ですね。結婚証明書を見ると、日本大使館のあるパサイ市役所に届けを出しているので、私と同じ業者を利用したしたのかな。こういう相談って、具体的にすると回答は、私でも解るような事が書かれてます。結婚証明書には、個人情報がたくさん書いてあります。のぞみが停車する駅から、自宅まで10分以内の所に、本籍と現住所があるので、法務局でも行って調べてから相談した方がいいとか。具体的に弁護士に相談するより、先にやるべき事は何か。

法律 についての関連する質問