JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1280
経験:  dasdasd
84237273
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

モデル事務所をしております モデル体調不良により撮影が延期になりました

質問者の質問

モデル事務所をしております
モデル体調不良により撮影が延期になりました
その場合のスタッフ渡航費や機材代金を請求されてしまい400万の賠償金になりますが
その撮影前2日間はリハーサルにて 8時間拘束のところ13,14時間の拘束があり寒さもあり体調をくずしました 前もって このスケジュールでは無理だと伝えてましたが 強行されてしまいましたこの場合でも やはり全額賠償金に応じないといけないのでしょうか?
投稿: 4 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  khyh1709 返答済み 4 ヶ月 前.

回答させていただきます。弁護士のbhsy202です。よろしくお願いいたします。

モデル派遣の契約内容,契約条項にもよるところがありますので,断定的にはいえないところがありますが,

体調を崩したことと,スケジュール,寒さの中の強行などとの関係次第では,全額弁償の必要まではない,ということは言っていけると思います。寒さの中で体調を崩したことが医学的にもそう言える,そういう診断書は必要になると思います。

実際問題としては,このリハーサルで体調を壊した,ということを,医学的にも言えるかどうか,ということが一番の問題でしょう。

モデルの不摂生が原因ではないかとか,相手は,スケジュールのせいではない,などと言ってくるでしょうから。

無理なスケジュールを強行したことが理由だという場合,スケジュールに無理があることを伝えていたとしても,

最終的には契約をしている(モデルを連れて行くことにしている)のですから,ここでどう取り決めたか,これが重要になります。

このような理由の場合には全額の被害弁償には応じられない,との約定を契約書に入れ込んであると話はしやすいのですが,

なかなかそこまでにはなっていないかもしれません。

そうなると,医師の診断をもって,一定額の減額を求める,(滞在費の当初予定からの延長分は支払わない,など)ということが必要になると思います。

法律 についての関連する質問