JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5133
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

現在、某会社から調停申立をされているNPO法人の理事です。12月18日に最初の調停が行われる予定なのです。しかしこの段階

ユーザー評価:

現在、某会社から調停申立をされているNPO法人の理事です。12月18日に最初の調停が行われる予定なのです。しかしこの段階でNPO法人の会議中に、A会員より「被告」と連呼されました。議長が注意して撤回を求めたが全く応じず再度「被告」を連呼され、非常に心を痛めております。このことは、名誉棄損に当てはまるのでしょうか?よろしくお願いいたします。

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。まず、調停と言うことから、民事調停と思われますので、まだ、犯罪者と言うことでも無いでしょうし、仮にそのような事実があっても、名誉棄損罪が成立する場合もございます。名誉棄損罪は、公然と不特定多数の前で、事実を指摘して、ご相談者様を誹謗中傷して社会的信用を棄損することで成立します。会議中と言うことで、成立の可能性があります。相手の免責は限られた場合だけで、今回のケースは免責は難しいと思われます。名誉棄損罪は、親告罪ですが、刑事告訴も可能ですし、民事の名誉毀損における不法行為による損害賠償請求もあり得ます。内容証明で、謝罪と慰謝料請求をされると良いでしょう。内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると、相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。応じない場合は、刑事告訴や民事調停を申し立てると主張します。更に、今回の件で、心療内科等に通う程であれば、傷害罪も成立します。頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
36820;信ありがとうございます。大変心強く感じました、前向きに対応いたします。先に述べた調停申し立ての件も、弁護士さんと相談させていただいており、相手方の言いがかり的な事であり、こちら側には十分な証拠があるので問題はないでしょうとの事です。18日の調停には3人の理事で、しっかりと述べてくるつもりです。今回は、ありがとうございました。

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。少しでもお役に立てて良かったです。また、何かございましたらお気軽にご相談下さい。よろしくお願い致します。

法律 についての関連する質問