JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1216
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

セクハラ加害者になってしまいました。 会社に訴えられ 認めました。1名に対して 私が上司にあたります。

ユーザー評価:

セクハラ加害者になってしまいました。
会社に訴えられ 認めました。1名に対して 私が上司にあたります。
性的な言辞をメールで数回。仕事上の注意、町で偶然出会った時もメールを送ってしまいました。
就業規則では 訓戒〜懲戒解雇まで記載されています。
どの程度の処分が待っているのでしょうか。

法律カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

ご相談内容を拝見させて頂きました。

どの程度の処分になるかは気になるところだと思います。仕事上の注意については、通常の注意であれば問題がなく処分の重さには影響するものではありません。町で偶然出会った時のメールについては、例えばただ単に見かけたとかでしたらセクハラではなくこれも処分の重さに影響するものではないでしょう。性的な言辞をメールで数回については、その内容と回数によって処分の重さに影響してくるでしょう。性的な言辞といってもいろいろありますから、その程度・内容により処分の重さにも影響します。それから、過去にセクハラがあったかどうかや、経緯(相手側の言動など)、反省の度合いなども影響してきます。懲戒解雇はちょっとした性的な言辞だとすると重すぎであり、仮に会社が懲戒解雇をしてきても不当解雇と考えられます。ただ、懲戒処分は行為と処分の重さが相応である必要がありますが、会社によっては何も考えず重い処分をすることがありますから、仮に懲戒解雇があったときは同意しないようにしたほうが良いでしょう。セクハラをしたことが過去になければ処分の重さは二度目よりも軽くすべきものです。接触行為もないようですし重すぎる処分は適切ではない可能性のほうが高いでしょう。訓戒で済む可能性もあると思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
25509;触行為はないのですが 浮気がしたい、やりたい、触りたい、いかせる 等と AV女優に似ている+つきまといと疑われた偶然出会った際のメールです。
事実ですので 認めたうえで反省文を提出し
処分待ちです。初めての加害です。
訓戒や厳重注意で済めば良いのですが。

ご記載頂いた言辞ですと、例えば女性の胸が大きいなどの表現に比べれば重い表現になると思われます。また、表現の方法が数種類あることも貴方にとってはマイナス要素です。ただ、初めてのこと、接触行為がないのは貴方にとってプラス材料です。セクハラで懲戒解雇が有効となるだいたいの目安としては、強制わいせつ行為や恐喝行為等がある場合です。接触行為がなく、初めてであれば懲戒解雇はまず有効とならないと思われます。訓戒、重くて出勤停止○日の処分までにとどめるべきだと私は思います。会社の出した処分は正しいとは限らず重すぎることがあるので、仮に懲戒解雇があれば同意せずに、不当解雇を主張すれば争える事案のように思います。

ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問