JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1349
経験:  dasdasd
84237273
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

地方検察庁の事務官より連絡。公判中の窃盗犯の被告の弁護士が、示談交渉したいと申し入れあった。 応ずるかどうか?

ユーザー評価:

地方検察庁の事務官より連絡。公判中の窃盗犯の被告の弁護士が、示談交渉したいと申し入れあった。
応ずるかどうか?

示談に応じるかどうかは自由です。してもしなくてもどちらでも構いません。

示談に応じると、窃盗の被疑者は不起訴もしくは罰金刑になると考えられます。つまり罰が軽くなるのです。

もし質問者様が被疑者の罰を軽くしたくないなら示談に応じないほうが良いでしょう。

不明な点がありましたら補足しますので返信してください。

回答が参考になりましたら評価ボタンのクリックをお願いします。

質問者: 返答済み 1 年 前.
22269;際的な窃盗団一味によるもので、警視庁が担当しています。
逮捕者の弁護士は、この半年で4人目の交代となっている模様です。
今回、新任の弁護士が初めて当方に示談相談の可能性の打診が検察庁から
あり、当方は、どのような相談か、話だけは、聴取して見ることにします。

横からですが,回答をさせてください。

先の専門家の回答では,不起訴や罰金などを書いてありますが,すでに起訴されて公判中なのですよね?

もちろん,それ以外の余罪については,まだ追起訴するかどうかということがあるわけですが,弁護士も交代続きとは,曰くのある被告人のようですね。

窃盗事件だから,とりあえずは示談を打診してきたのかもしれませんが,まずは話を聞かれていいと思います。

それから,財産的な被害が出ているのでしょうから,賠償金はもらわれてもいいのではないでしょうか。

ただ,示談の際に,いわゆる宥恕文言,罪を軽くしてもかまわない,そういった文言には応じられない,と言っておけばいいと思います。

そういう合意をすることはありますし,必ず許さなければならない,というものでもありません。

被害弁償をした,そういう事実だけは少しは被告人に有利になるのかもしれませんが,窃盗団の一味であるとすると,ちょっと弁償したくらいで,そう簡単に罪が軽くなることはないと思います。被害弁償は,ある意味では,当たり前,だからです。

していない方が,重く処罰される,というくらいです。

khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1349
経験: dasdasd
khyh1709をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12475;カンドオピニオン、拝見しました。
本日、被告の弁護士と電話で話をしました。
(1)前任の弁護士が全く行っていなかった、国際窃盗事件の初犯被告の代理人として,「とりあえずの示談を打診してきたもの」でした。
(2)当方からの盗難品は処分済で、ご指摘通り、当方には「財産的な被害」が出ています。
よって 《賠償金はもらわれてもいいのではないでしょうか。》、納得・同感です。
(3)「示談の際に,いわゆる宥恕文言,罪を軽くしてもかまわない,そういった文言には応じられない。」とのご指摘ですが、当方は、「今でも、全く、犯人を赦すつもりはない」旨を弁護士に伝えました。
(4)弁護士から、明日公判あり、6/16日が次々回公判、6/末に結審予定とのことで、公判中の代理人として、被害弁償をしたという事実は進めたいとの意向があり、少しは被告人に有利になるのかもしれないとし、少額の弁償の申し出がありました。(当方の被害額の5~7%の弁償額で、増額余地なないとの回答でした。)
(5)示談拒否を考えましたが、《被害弁償は,ある意味では,当たり前,していない方が,重く処罰される,くらいです。》との指摘・示唆の通り、電話通話中に、とりあえず、文書作成を弁護士に依頼し、自宅への送付を要請しました。納得できる内容かどうか吟味検討したいとし、通話終了しました。
以上の通りです。

法律 についての関連する質問