JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1216
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

仕事内容の変更がないのに転勤の有無だけで正社員を限定社員・減給にするという話がでています。

ユーザー評価:

仕事内容の変更がないのに転勤の有無だけで正社員を限定社員・減給にするという話がでています。
社内労組を通さず支店長が社員を集めて直接の話をし、金曜の夜にメールで書類を送り木曜日までに契約条件の変更にサインさせようとしています。
サインさえしてしまえば法律的には問題ないのでしょうがこんな方法やって良いのでしょうか?

法律カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

ご相談内容を拝見させて頂きました。

労働契約法第三条「労働契約は、労働者及び使用者が対等の立場における合意に基づいて締結し、又は変更すべきものとする。」と同法第八条「労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる。」により、労働者の同意なく会社が一方的に労働条件を変更することは許されません。なので、会社はメールで書類を送りサインをさせることで、労働条件の変更に同意があったと主張できると考えていると思われます。なので、応じるつもりがない場合は絶対にサインをしてはいけません。「サインさえしてしまえば法律的には問題ないのでしょうが」の文面からすると貴方はここまでのことはご存知で、労務管理上こんな方法をやって良いか?という意図でのご質問でしょうか?もし、違っていたらご返信ください。新たに回答させて頂きます。労務管理上、今まで働いてきた正社員の方を、今後は転勤の有無で限定社員・減給にするというのは社員の不満を招くことになり適切ではないでしょう。仮に会社の経営が凄く悪く、どうにもならないから申し訳ないけど減給に応じてくださいというのでしたらまだやむを得ないと納得できる余地はあると思いますが、今まで働いてきた正社員に対して、急に転勤の有無を持ち出して限定社員・減給といっても社員の方は納得しないでしょう。それから、説明的なことを考えましても、きちんと社員に対して説明をして、時間的にも余裕を持たせるべきものです。それをメールで書類を送って十分な説明をせず、1週間ほどの期限を設けて返事をさせるというのはやり方として適切ではないでしょう。社員の方の中には、これにサインをしなければ辞めさせられると誤解をするような方もいるかもしれませんが、サインしなかったから解雇というのは解雇理由にならず不当解雇となります。辞めさせられる理由はまったくないので、応じるつもりがない方はサインをしないことです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
20027;旨に間違いございません。
また、女性で介護・家族を理由に限定社員になりましたが、そちらが解決しても正社員には戻る仕組みがないそうなのです。
そう言った方法はとれるのでしょうか?

ご返信ありがとうございます。主旨に間違いがなかったのですね。

>また、女性で介護・家族を理由に限定社員になりましたが、そちらが解決しても正社員には戻る仕組みがないそうなのです。
そう言った方法はとれるのでしょうか?

→ 限定正社員になった方を正社員に戻す制度を設けている企業はございますが、制度を設けなければいけない義務は会社にありません。なので、正社員に戻ることを希望する場合は会社の同意を得る必要があります。

育児介護休業法という法律があるので、限定正社員ではなくそれでもしかして対応できたかもしれません。育児介護休業法は育児や介護が必要な労働者の育児介護の状況に配慮することを会社に求めています。

介護・家族を理由に限定正社員になった過程に会社に問題があれば、難しいながらも限定正社員になったことを取り消せる可能性はゼロではないです。例えばですが、会社が限定正社員になることを強要した場合です。

ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
26377;り難うございました。、

評価頂きましてありがとうございました。

ご丁寧なお言葉にも感謝申し上げます。

法律 についての関連する質問