JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2384
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

金融事業ではないサービス業を営む会社が、債務側である取引先へ独自の金利を設けて分割請求を求めることは合法でしょうか?また

ユーザー評価:

金融事業ではないサービス業を営む会社が、債務側である取引先へ独自の金利を設けて分割請求を求めることは合法でしょうか?また、その請求をより実現可能なものとするために、債務側の資産状況(銀行口座預金、取引先との状況、代表の資産状況など)の公開を求めることは合法でしょうか?
請求に対し数ヶ月支払いが遅れている取引先があり、泣き寝入りされていて取引先には支払える状況にありません。裁判を起こしても自力回収が必要なので、取引先を管理(財務状況と見込み案件の把握)することで回収可能としたい、ということが意図となります。
以上、よろしくお願いいたします。

>金融事業ではないサービス業を営む会社が、債務側である取引先へ独自の金利を設けて分割請求を求めることは合法でしょうか?

→支払いの遅れている債務者に対して、その債権を分割して払う契約を「準消費貸借契約」と言いますが、これはお互いの合意があれば自由にでき明日。金融事業であるかは関係ありません。もちろん自由に金利も設定できます。しかし、あくまで「お互いの合意」があればの話です。相手に契約の強制はできません。また、債務者側の資産状況の公開を求めることの強制はできません。あくまでお願いすることが可能ということになります。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問