JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2384
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

近所の女性が隣地の町有地に植木を植え自分の土地だと言い張り勝手に使用しています。町役場の役人はそのことを確認し、女性が植

ユーザー評価:

近所の女性が隣地の町有地に植木を植え自分の土地だと言い張り勝手に使用しています。町役場の役人はそのことを確認し、女性が植木の移植に良い秋か春に元の状態に戻す約束をしたと言っていました。昨年の秋にその作業が行われなく、春にすると思っていたら、その女性は他県に引っ越してしまい今までの家は別荘として使用すると言っている。GW中は「別荘」に来て庭の手入れをしていたが約束の移植はされませんでした。役場も認識しているのに、普段人が通行するような場所ではないので様子を見る、という消極的な態度。しかし、町有地は町民の税金によって管理されているもの。このまま年数が経てばその土地は彼女のものになってしまう。このような場合、例えば私が告発できるのでしょうか?

行政がすべきことをしない時に、無理やり処分を促す訴訟を「義務付け訴訟」と言いますが、質問者様が取れる手段といえば義務付け訴訟をすることです。

ただ、訴訟をすることになるので弁護士に依頼することが必要ですし、訴訟するための要件の一つに「一定の処分がなされないことにより重大な損害を生ずるおそれがある」ことという要件があります。これが認められるかどうかは提訴してみなければわかりません。したがって、必ず求めていた結果が得られるということにはならないかもしれません。

そうなると、訴訟をするよりも、引き続き役場の人に植木の撤去を促していくということの方が現実的だと思われます。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問