JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5489
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

有限会社に勤務しています。各種事情から社長が譲渡先を探しており買い手が見つかり、先ずは「株式譲渡」の契約を結ぶと報告を受

ユーザー評価:

有限会社に勤務しています。各種事情から社長が譲渡先を探しており買い手が見つかり、先ずは「株式譲渡」の契約を結ぶと報告を受けました。「株式譲渡」と「譲渡」の違いを教えていただきたいのと、自分が知る限り負債が1000万超あるのですが株式譲渡になった場合負債はどうなるのか教えていただけますでしょうか?

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。まず、ご相談者様が、有限会社に勤務をされているということで、経営者側では無いということですね。株式譲渡や譲渡(多分、「事業譲渡」のことだと思います)は、会社の買収であるM&Aの話になると思います。有限会社だと規模が小さいと思われますので、株式譲渡と事業譲渡の両方があり得ます。単純に言えば、株式譲渡は、株主が変わると言うことですから、新しい株主の株式が、過半数の持ち分を超えれば、経営権を今の社長から取れると言うことです。また、株を売る訳ですから、株主にお金が入ります。会社に入る訳ではありません。経営権が移れば、新しい社長が、1000万円の負債を何とかしないといけません。株式譲渡は、株式の移動だけで、経営権が変わるかもしれませんが、会社の体制には影響がなく、従業員もそのままと言えます。事業譲渡は、事業の一部でも全部でも譲渡出来ますが、会社そのものが変わるので、同じ社員を使うにしても、再度雇用の手続きが必要で、そうした細々したことがあるので、大手よりも中小企業向きの買収です。この場合、会社にお金が支払われるので、会社の債務に充てると言うのはあります。普通は、事業の一部だけを譲渡して、売却益で経営を再建させる形になります。いずれにしても、社長は、その会社を将来的にどうしたいかがポイントです。

supertontonをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問