JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4237
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

祖父名義の土地建物の相続についてお伺いしたいのですが、

ユーザー評価:

祖父名義の土地建物の相続についてお伺いしたいのですが、
祖父、祖母はなくなっており、祖父母には3人の子供がおりまして、そのうちの長女(未婚)は存命で、次女(既婚、夫は存命、子供二人)は死亡、長男(既婚、妻は存命)は死亡しております。
私は 長男の妻は相続ができず、長女が1/2 次女の子供がそれぞれ1/4づつ 相続すると思っていますが、正しいでしょうか?
私の認識が正しければ、
長男の妻は、長男の死亡を知らせることもなく未だに音信不通の状態で祖父の土地建物に住み続けているので家賃を請求したいと思います。
家賃を請求する場合の正しい手順など、アドバイスいただきたいです。

ご質問ありがとうございます。

特定行政書士です。

よろしくお願い致します。

回答の前に確認させてください。

・祖父と長男はいずれが先にお亡くなりになったのでしょうか?

・長男は祖父母と土地建物に居住するにあたり何か契約を締結しているのでしょうか?

まずはご返信お待ちしております。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12362;世話になります。
・祖父は昭和45年5月に亡くなっており、長男は去年なくなっております。
・契約の締結はないと思います。ちなみに私の立場は、次女の子供です。
よろしくお願いします。

ご返信ありがとうございます。

回答致します。

・祖父母より長男が後に亡くなられたのであれば、相続権は長男が一度相続したものが、長男の妻に承継されています。

(長男が先に亡くなっているのであれば、ご相談者様のご認識の通りでした。)

よって、正しい相続分は、

長女 2/6

次女の子供 1/6ずつ(次女が先に亡くなっていないのであれば)

長男の妻 2/6

となります。

・賃貸借契約が結ばれていないのであれば、現状では家賃の請求はできません。

今後の家賃等については遺産分割協議などの場で交渉する事になろうかと思います。

いかがでしょうか?

この回答に関して、ほかにご不明点ございましたら補足致しますので、その旨ご返信ください。

それではよろしくお願い致します。

質問者: 返答済み 1 年 前.
https://www.alg-plus.com/souzoku/souzoku-tyounanyome/こちらのサイトの説明だと 長男の妻は相続できないという感じですが、いかがでしょうか?

ご返信ありがとうございます。

「しかし、もしも長男が義父よりも先に死亡している場合、(略)」

今回は、義父の後に死亡ですから、異なるケースです。

長男の妻は「代襲相続」ではなく、いったん長男が相続した分を、その後(二次)相続するという事になります。

以上よろしくお願い致します。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;回答ありがとうございます。
長男の妻の件理解できました。
この祖父の土地建物は、現在も祖父の名義となっているのですが、(祖父の死後現在まで名義変更は行われておりません)
これから相続手続するとしても、長男の妻への相続分は発生しますか?

ご返信ありがとうございます。

はい、相続分は発生してしまいます。

「相続」というのは、「手続」ではなく「事実」ですから、

「手続」がなかったとしても「事実」は覆りません。

よって、長男の妻は一度長男名義で相続手続きを行った上で、自分名義で相続することになります。

以上よろしくお願い致します。

dueprocessをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
30340;確なアドバイスありがとうございます。
5で評価させていただきます。
大変助かりました。ありがとうございます。