JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1348
経験:  dasdasd
84237273
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

当方北海道在住の51歳男性です。

ユーザー評価:

当方北海道在住の51歳男性です。
今回の相談ですが、マンションの賃貸契約について、仲介業者に申込書、個人資産の残高証明書、保証人の証明を添えて申し込んだにもかかわらず、その後、部屋のオーナーがやはり貸すのは嫌だと急に言い出し、苦境に立たされています。以下はその内容です。
2017年1月末で勤務先を退職し、念願である沖縄への移住を決めました。
同年2月からネットで沖縄の賃貸マンションを探し、2ヶ月かけて候補を絞りました。それが、沖縄県豊見城市にあるジ・オーシャンテラス豊崎サンセットテラスです。    事前に仲介業者であるハウスコム那覇店に予約を入れ、4月11日から4泊5日の日程で沖縄に赴き、4月12日に部屋を見せてもらいました。第1希望である5階の部屋を借りることに決め、仲介業者のハウスコム株式会社那覇店に行き、書類に記載しました。  沖縄では保証人に加え、審査があることを事前に知っていたため、私と、親の銀行通帳の残高を示すコピーを持参しました。ハウスコム那覇店では、通帳残高と免許証のコピーをとられましたが、銀行が発行する正式な残高証明書を送って欲しいと言われました。部屋の見学の際、担当者からは、私個人の残高証明書だけで十分だと言われ、「私が大家だったら(この残高だけで)間違いなく貸しますよ」と言われ、このマンションの入居は大丈夫と判断し、ここ以外の候補はレンタカーで外観を見るだけにとどめ、北海道に帰りました。
4月18日に銀行の残高証明書をハウスコム那覇店に速達で送りました。同封した書面には、親が入院中のため残高証明書の発行には時間がかかるが、必要であれば連絡して欲しいということ、ハウスコム那覇店で書類を書く際、保証人の生年月日を失念していたため、保証人に確認の上記載しました。
その後、連絡がないため、4月24日にハウスコム那覇店に問い合わせると、折り返し、次の内容が電話で伝えられました。
①大家が急に賃貸はやっぱり嫌だと言い出したということ。
②建設会社である大京と大家で話し合いがもたれ、大京は抗議したが、大家の態度が強硬 なこと。
③ハウスコム那覇店としては、交渉はするが、大家の態度が強硬なため、仲介料を半額に するので同じマンションの7階(3LDK)ではどうかということ。
しかしながら、私が希望していた部屋は5階(3LDK)で、家賃月額11万9千円(管理費0円)+駐車場料無料であり、仲介業者が提示した7階(3LDK)は、家賃月額12万6千円(管理費1万2千円)+駐車料無料です。
そのため、ハウスコム株式会社の提案である7階を借りた場合、月あたり1万9千円の差が出てきます。
家賃11万9千円は、私としてはぎりぎりの額であり、7階は家賃の額から候補に入れていませんでした。
また、第1希望に申し込みをしたため、第2希望以下は前述の通り、部屋は見学しませんでした。
すでに退職し、引っ越しの準備を始めていた時に、突然大家がやっぱりやめると言われても当方としては納得がいきません。その理由を以下に述べます。
理由① インターネット等で公共的に賃貸マンションの広告を出し、現地で部屋の詳細や    契約内容が書かれた文書を手渡されている物件に対して、当方はハウスコム株式    会社に従い必要書類を提出し、正式に申し込みを済ましている。
理由② 通帳の残高証明書は私個人のものだけでよいと担当者に言われ、ほぼ確約を得た    と考え、第2候補以下は申し込まなかった。これらはすでに埋まってしまって空    き部屋はない。(電話で確認済み)
※担当者は「自分が大家だったら(私個人の資産だけでも)貸しますよ。」と案     内の際言っていた。
更に現在住んでいる分譲マンションをぴたっとハウス旭川店を通じて売却に出し    たが、引っ越しの時期を考え、条件に6月下旬退去予定としてしまった。このた    め、最悪引っ越し先が決まらないまま、今のマンションを退去しなければならな    くなる可能性がある。
理由③ 下見のための高額な飛行機代及び滞在費がすべて無駄になってしまう。
理由④ 北海道から沖縄へ車を輸送するには20万円近くかかるため、予定していたマン    ション近くのカーショップですでに中古車の購入契約を済ましており、頭金とし    て10万円を支払い済みである。
以上のような理由から、仲介業者に正式に申し込んだ内容をオーナーのわがままで反故にされたことに対して、自分としては以下の事を求めたいと思うのですが…。
①ジ・オーシャンテラス豊崎サンテラス501号室について、仲介業者であるハウスコ  ム株式会社が提示した通りの条件で当方と賃貸契約を交わすこと。
②上記の契約がどうしても無理な場合、7階の部屋との差額を最低2年間負担すること。
(5階に決めた理由は家賃以外にも、実際に住んでいる人から「高層階はすごく暑いか  ら、海が見えなくても低層階の方が住みやすい」と下見の時に聞いていた)
当方に非があれば別ですが、下見の交通費、滞在費に加え、車の契約や、現マンションをはやければ2ヶ月後には退去しなければいけないことを考えると、この要求が理不尽とは思えないのですが…。
こうしたケースの場合、どの程度まで要求できるのでしょうか?

詳細にご記載いただきありがとうございます。回答させていただきます。

今回の賃貸借契約ですが,法律的にはまだ正式な契約は成立していませんから,契約準備段階での問題をどこまで契約予定者に追及できるか,という問題になります。

まず,契約準備段階で,正式な契約には至っていませんので,貸し主としても,賃貸をしない,という選択をすること自体は法的には可能です。

例えばですが,借り主が手付けを支払っていて,それでも契約しない場合は,ご承知のとおりかと思いますが,手付倍返しで契約をしないことができます。そうではなければ,金銭的なことは何もなく,契約しないことさえ,ありうるところです。

今回は,仲介会社があたかも大丈夫かのように言っていますが,それがどうして賃貸しないとなったのか,その理由がよくわかりませんね,どういう理由でも賃貸しないのか,契約内容に何か問題があるのか,その理由が分かりません。ただ,強行に契約しない,というだけですね。

ですから,貸し主が不当に契約をしないのだ,ということをいえるのかどうかが,法的には判断がつきません。貸し主が,貸すための広告を出していたとしても,そこで,必ず貸さなければならない,ということでもありません。

今回ですが,7階の提案が出ています。ご指摘の第②案になるのですが,差額を調整する,これはひとつの解決方法ではないかと思います。暑さの点の違いがどこまであるのかは分からないのですが,こちらとしても他を探して,ということになると多額の費用がかさみますから,できればまとめる方向で動きたいところです。この程度の話は,賃貸する前提で考えて借り主としても動いていたので,全くなしになるとそれではこの損失を支払え,などになるが,差額を見てくれたらそこまではいわない,そういう交渉はありえるところです。

5階を貸さなければならない,という方向での請求は,法的には難しいです。

契約準備段階の過失,という法律的な話があるのですが,相手の不手際,相手の過失で契約ができないようになった場合には,損害賠償請求が認められるというものですが,今回はその可能性があるものの,相手が契約をしない理由が定かではないので,この責任を問えるかどうかが判断できない,というのが現状ですね。

khyh1709をはじめその他3 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問