JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  dasdasd
84237273
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

小学校での子どもの怪我のご相談です。 小学校低学年の女の子が学校で顔面を強打する怪我をしました。

ユーザー評価:

小学校での子どもの怪我のご相談です。
小学校低学年の女の子が学校で顔面を強打する怪我をしました。
首から上の怪我をした際の学校の危機マニュアルには次のようになっています。
◆頭部(首から上部)損傷の場合
ア 応急措置を行うとともに、負傷の程度により119番通報をする。
イ 保護者に連絡し、指定の医療機関の有無を確認して搬送する。連絡が取れない場合は、学校の判断により医療機関に搬送する。
ウ 事故の一報を教育委員会に入れるとともに、事故報告書を速やかに提出する。
エ 保護者への説明は、事実関係を整理して校長・副校長が行う。
顔面は腫れ上がり、たんこぶができた状態、歯が少しぐらぐらする状態になりました。しかし、医者にも連れて行ってもらえず、冷やすのみの対応で、「心配なら脳神経外科に行ってください」と言われて帰されました。翌日、事情を聞くために学校に行くと、校長から、「歯は本当に学校で怪我をしたものなのですか」という信じられない言葉を浴びせられ、結局、学校の措置には何ら誤りはなかったとのことでした。
しかし、翌日、教育委員会の指導が入り、全面的に学校に手落ちがあったということになり、学校は注意を受けましたが、上記の暴言を吐いた校長は謝罪をすることもなく、定年退職して、今は、天下って関係機関に再就職しています。
あまりの理不尽にはらわたが煮えくりかえる思いですが、この状態で、学校側の法律的責任を問うことはできないのでしょうか。ちなみに暴言の校長の発言は、すべて録音に記録してあります。

回答させていただきます。よろしくお願いいたします。

事実確認もろくにしていなかったのでしょうか、最近では信じがたい校長の対応のように思います。

学校側の対応のまずさ、というのは、

法律的には、安全配慮義務違反といいますが、その違反を問うことになります。

校長が変わっていても、責任追及は可能です。

気になるところは、すぐに医師につれていかなかったことで被った損害、その立証ですね。

医師につれていくことが遅れたことで、例えば後遺症が残ったなど、被った損害が明らかだと、追及もしやすいところですが、

遅れたけれども結果的には問題はなかった、となると、どういう点の責任を問うのかということになります。

例えば校長の発言に対する責任、これで感じた苦痛、ということになりますが、

そうなってしまうと、法的には結局はお金での賠償の評価となるので、金額的には低くなってしまいます。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26657;長は、暴言はひどいものでしたが、それが低額であっても損害賠償請求の対象になるとすれば、行政訴訟を起こすことによって、マニュアル無視、児童の命の軽視に対する警鐘を社会に示すことになるでしょうか。
むしろそちらの方が意義があり、高い公益性があると考えています。
子どもの個人名などは消して、youtubeに流すことも考えているくらいです。
報道が取材に来てくれてもいいくらいだと思うほど理不尽に感じます。
アドバイスありがとうございました。

訴訟としては,公立であれば国家賠償請求訴訟ということになります。

おそらくは,社会的正義の観点も含めての訴訟提起ということになると思いますから,

提訴の際などの記者会見で,世間に訴えていく,そういうことも考えた方がいいでしょうね。

youtubeというのもありますが,むしろ提訴関係の方が公になっていいのではないでしょうか。

その後,録音データの公開,あるいは,記者会見の場での一部録音データ再生などもありうるかと思います。

このあたりは,提訴となると弁護士に委任することになるでしょうから,その委任する弁護士と詳細をつめて対応されればいいと思います。

khyh1709をはじめその他3 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問