JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1065
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

下記の先生のご指導の中で、執行人ではなく、執行補助者でもよいのでしょうか。また、執行補助者の権限の範囲をお教えください。

ユーザー評価:

下記の先生のご指導の中で、執行人ではなく、執行補助者でもよいのでしょうか。また、執行補助者の権限の範囲をお教えください。宜しくお願いいたします。【相続財産が多いので弁護士や司法書士の専門家に依頼した方がスムーズに手続きができますが、遺言執行人が手続きをする権限を持ってますから、それに関しては遺言執行人が決めることになるでしょう】

遺言執行というのは、案件にもよりますが範囲が多岐にわたりますから、それら全てを一人で行うことは合理的でない場合があります。そのため、必要に応じてその手続きの専門家などに依頼をしてそれぞれの業務を行ってもらう場合があります。この場依頼に基づき業務を行うのが補助者です。補助者として特別の権限があるわけではありません。

例えば、住宅を購入する場合には司法書士にその手続きを依頼することが一般的ですし、裁判をする場合には(金額にもよりますが)弁護士を依頼するのが一般的です。これは手続きの専門性からそれぞれの専門家に任せるほうが安心でき、効率的だからですが、補助者というのはこれと同じことです。

houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問