JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1180
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

雇用していたアルバイトについての質問です。

ユーザー評価:

雇用していたアルバイトについての質問です。
昨年度4月より雇用し、自動契約延長という形での契約を結び、1年が経過いたしました。しかし、本日突然「契約更新の意思無し (氏名)」のみ郵送されてきたため、その後の運営などにも支障をきたしているため、非常に迷惑を被っております。
(ちなみに郵送されてきたのも料金不足で、こちらに負担がかかっております。)
こちらとしましては、もともと仕事上のミスが多く、必ずしも必要なスタッフという訳ではなく、ただこのまま泣き寝入りするのも、と思い、法的に見て何かしらの落ち度があり、こちらに対して損害を弁償する義務が発生するのか、もしくは法的に定められている15日前申請に則り、2週間は勤務させる強制力のようなものがあるのかお伺いしたいと思います。
よろしくお願いいたします。

法律カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

ご相談内容を拝見させて頂きました。

1か月もの間、語学留学と嘘をついて会社を休むとはとんでもない労働者です。会社と雇用契約を結んで入社したということは、労働者は雇用契約で約束した労働を提供する義務があります。その代わりとして、会社は労働者に給料を支払います。嘘をついて会社を欠勤したことはその約束違反であり、それによって会社に損害が生じた場合、会社は労働者に対して損害賠償請求が可能です。仮にですが、労働者が病気で会社を休まざるを得なかった場合は、約束の労働を提供することができなくても、労働者は損害賠償責任を負いません。労働者に故意又は重大な過失がある場合に会社は損害賠償請求が可能になります。嘘は故意になりますので、損害が生じていれば損害賠償請求が可能ということになります。

2週間の予告期間をおかず突然辞めたことについては、損害賠償請求できる可能性はありますが、現実的には生じた損害額を算出することが難しいなどの理由により、損害賠償が認められるのはなかなか難しい面があります。このことは、1か月の嘘での欠勤についても損害額を算出することの難しさはありますが、2週間の予告期間をおかなかった件と比べると損害賠償が認められる可能性は上がると考えられます。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;丁寧な回答、そしてご理解をいただく大変うれしく思います。ありがとうございます。
ご返信いただいた内容を鑑みますと、こちらとしては一方的な契約解除を表面上でも受け入れたという印象を相手に与えてしまう以外ないということでしょうか。
率直なことを申しますと、昨今のアルバイターの低レベルな労働意欲、中途半端な労働意識のみで言い逃げをされることにほとほと困り果てており、実際の損害どうのこうのということよりも(事実損害賠償を求めることの難しさは承知しております)自身の行動の責任を持つという意味からも、予告期間などを無視して一方的な飛んでしまうことで色々迷惑がかかっていることを思い知らせたいというのが、一番の相談ではあります。
文書(内容証明でも何でも可)によって、15日前の予告期間を無視したこと、それにより業務に影響が出ていること、それに合わせて小さなことではありますが切手の金額不足分などについて、通知したいと思っております。
良きテンプレートのようなものがあれば教えていただきたいです。もしくは、そういったことをした方がアルバイトのユニオンなる団体などもあることから不利に働く可能性があるようでしたら教えていただきたく思います。
よろしくお願いいたします。

実際に損害賠償を得られることが難しかったとしても、迷惑をかけているということなどを分かってもらうために通知したいというお気持ちを尊重いたします。「こちらとしては一方的な契約解除を表面上でも受け入れたという印象を相手に与えてしまう以外ないということでしょうか。」のご質問については、有期雇用でも契約期間の初日から1年を超えると労働者はいつでも解約できるので、退職自体を阻止することはできず、結果的には仰るように契約解除を受け入れたという印象を相手に与えてしまうことになると思います。ただ、突然の退職については損害賠償の難しさはありますが通知するのは1つの方法だと思います。

テンプレートは申し訳ございませんが、存じません。インターネットは充実していますのでテンプレートはあるかもしれませんが、あったとしても事例に合わせた改良は必要で書き方は結構難しいと思います。不利に働く可能性についてはやはり書き方に注意は必要だと思います。それから労務管理はどこの企業でも完璧にとはいかないので、何かしらの点を指摘してくるという可能性はあると思います。ただ、そこまで考えると会社側から何もできなくなるので可能性を考えすぎないほうが良いかもしれません。

今回の事例に合ったテンプレートはないかもしれませんが、日本最大級のビジネステンプレートサイトを紹介させて頂きます。参考になるテンプレートが見つかるかもしれません。

ビズオーシャンビジネステンプレート

https://www.bizocean.jp/

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます、なかなか時間がなく確認できておりませんでした。
ご丁寧に対応いただき、感謝しております。
まずは、教えていただいたテンプレートを確認させていただきたいと思います。たとえば、今回のような相手側への通知書類作成などの相談に関しましては別料金となるのでしょうか。

相手側への通知書類作成のご相談についてですが、今回の案件に限らず書類作成をご相談として受けるジャストアンサーの専門家はかなり少ないと思います。もしかして、現時点では受ける専門家はいないかもしれません。したがって、もし新たに別料金で書類作成についてのご投稿を頂いたとしても回答がつかない可能性があります。ジャストアンサー以外でも書類作成をご相談として受ける専門家は少ないと思います。書類作成でしたら書類作成として受けると思います。またジャストアンサーは相談サイトで書類作成の業務は受けることができないことになっています。何卒、ご了承ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます。
大変助かりました。

ご丁寧にありがとうございます。それではボタン操作による評価を宜しくお願い致します。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12377;みません、ひとつお伺いしてもよろしいでしょうか。
「契約期間の初日から1年を超えると労働者はいつでも解約できる・・・」とありますのは、どういう意味でしょうか。
1年超えていなければ、逆にいつでも解約できないという意味でしょうか?
例えばですが、今回のケースでは「留学」という名目で1カ月以上休職しておりました。この場合は1年間かけて労働したことになるのでしょうか?
少し気になりましたので、ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

契約期間の初日から1年超えていない場合は、原則、契約期間の途中で一方的に解約できず契約期間の労働が必要です。ただし、この場合でもやむを得ない理由があれば契約期間の途中でも解約は可能です。

>今回のケースでは「留学」という名目で1カ月以上休職しておりました。この場合は1年間かけて労働したことになるのでしょうか?

→ 休職期間があってもその期間を除かず契約期間の初日から1年をカウントします。

ekotaeをはじめその他3 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12371;のことに関しては無知でした。教えていただきありがとうございます。

法律 についての関連する質問