JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1453
経験:  dasdasd
84237273
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

先輩にあたる男性(59歳)について心配のあまり質問します。この先輩Aは、40歳半ばで数歳年下の奥様と結婚し、ほどなくマン

ユーザー評価:

先輩にあたる男性(59歳)について心配のあまり質問します。この先輩Aは、40歳半ばで数歳年下の奥様と結婚し、ほどなくマンションを追い出されて実家に身を寄せました。別居の間、奥様に生活費を渡していたのですが、最近では全財産・通帳・実印を取り上げられ、月3万円しか与えられていません。
さらに、この先輩の実家で一緒に暮らしていたお母様がこの冬に亡くなったのですが、お葬式代を奥様が頑として出さなかったため、借金をしたそうです。この借金は早晩、返せなくなるはずですし、何よりも現在の先輩が栄養失調とモラハラによる洗脳とで心身ともに危険な状態に見えます。
私はただの後輩なので、実質的には何もできませんが、早くなんとかしなくては取り返しのつかないことになりそうです。
なお、先輩は結婚の報告をする前に早くも夫婦関係が悪化してしまったため、身内以外の職場・友人関係で先輩の結婚と家庭問題について知っているのは私だけです。
先輩本人が弁護士などに相談する気力を失っている様子なので、心配のあまりご相談いたします。どのような解決策があるか、どのような手順で行えばよいか、アドバイスよろしくお願いいたします。
なお、先輩Aは私立大学の教授です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
24773;報を追加します。
先輩Aは半身不随の父親を抱えていたことと、ご自身の外見があまり良くないこととで、40歳を過ぎるまで結婚を諦めていた様子でした。それが、40歳半ばにして素晴らしい美人と知り合い、結婚を承諾してもらい、天にも上る気持ちで結婚生活に入ったのです。中古マンションをローンで購入して新居としましたが、結婚前から「子どもは産まない」ことが条件でした(夫婦生活そのものが初めから無かったのかどうかは、さすがに聞いたことはないのですが…)。
結婚後にはすぐに家庭内別居が始まりました。先輩が家に居ても良い時間・お風呂や台所を使って良い時間などが奥様によって決められ、それを1分でも超過すると、奥様は夜を徹して激高し続けた挙げ句、明け方には「怒りに台無しにされた私の時間を金で返せ」と要求してきたそうです。
大学に仕事に行っていても、奥様は何か気に入らないことを思いつくと何十回ものメールや電話を先輩の携帯に入れ、会議中で出られないなどの事情は一切通用せず、「なぜ出ない?大学の事務に直接電話を掛けて呼び出させるぞ。」などと脅されるのだと聞きました。でもその怒りの理由はといえば、たとえば、「キレイにしておけとあれほど言ったのに、洗面所の蛇口に1つぶ水滴が残っていた」というような、本当に些細なことなのです。
そのうち、奥様は「○日から○日まではあなたの実家に行って家には戻ってこないこと」と先輩に言い渡すようになり、次第にそれが頻繁になりました。その頃には先輩も、しょっちゅう爆発する奥様の怒りとそのエネルギーの大きさ・持続時間の長さ(一回の怒りが数週間にも及ぶそうです)に恐れをなし、好んで実家に居るようになりました。その間、奥様には現金で生活費やお小遣いを渡していたそうです。
そのうち、住宅ローンを前倒しで返金する計画が奥様の無駄遣いのために上手くいかなくなりました。奥様はそれを契機に「あなたのやりくりが悪いのだから、家計は私が預かる」と言い出し、先輩Aの通帳・カード・実印を取り上げました。そして、どんな形式でかは聞いていませんが、月に三万円だけ先輩に渡すようになったとのことです。
しかも、3万円全てを食費に充てられるわけではなく、全て込みで3万円です。先輩は、学校に食パンにハムやチーズを挟んだ手製の弁当を持参するようになり、コンビニコーヒーすら買えなくなりました。家では野菜を煮込んだスープばかりを食べている様子です。今日、久しぶりに会ったのですが、歩道橋の上り下りもしんどいとのことで、エレベーターを利用していました。また、体の半分だけがむくんで靴下の後がとれない状態らしいです。早く医者いかかるよう勧めたものの、医療費が払えないので行けないだろうと思います。本務校の給与と他校での非常勤講師としての収入を合わせれば、おそらく1千万を超える収入があるのではと思うのに、このような状況なのです。しかも奥様は用事があって先輩と電話をするたびに、「知り合いの弁護士に離婚の相談をしている。私は完全に莫大な慰謝料をもらう権利があり、全体に勝訴できるそうだ。この電話もこれまでの電話も録音しているし、他にもたくさんの証拠を揃えている。あなたはアスペルガーでDV夫だ」とまくし立てているとのことです。それでいて、いつまでたっても奥様から離婚の手続きが踏まれることはありません。
私はここ10年間ほどずっと、先輩に早く離婚した方が良いのではと勧めているのですが、心身ともに疲れ果ててしまっている先輩は、自分から訴訟を起こしたら奥様がどれほど激しく反撃してくるかを想像するだけで萎縮してしまい、できないようです。

回答させていただきます。よろしくお願いいたします。

先輩にアドバイスされているように,離婚すべきでしょうね。相手が莫大な慰謝料をもらえる,といっているのも,ご記載の事実関係からすれば,逆にこちらから慰謝料請求するような事案であって,話が違うと思います。

あるいは,新しく口座を作って,給与振込先を変える,自分で管理する,それでも

相手はギャアギャア言ってくるでしょうから,それがこわくてできない,ということなら,その対応について弁護士に依頼する,

その収入状況なら,自分で弁護士に委任する,となりそうですが,

(法テラスなどを使えれば,費用の心配もあまりいらないところですが)

それでも,こういう事案では,自分で対応しなくていい,弁護士が窓口になってくれる,そういうだけでもかなり精神的には落ち着かれるようです。そういう方も多いですね。

交渉ごとからだと弁護士費用も10万円程度からありえますので,

最終的には先輩が弁護士に依頼したいかどうかなのですが,もし少しでもその意向があれば,その方向で動いた方が帰って落ち着くのではないかと思いますよ。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12373;っそくご回答頂きありがとうございました。
これほど酷い状況になる前から、私も、せめて専門家に相談だけでもすることを何度も勧めて参りました。ですが、お金や手間暇(時間)がかかるであろうこと(たとえば、5000円程度であっても、以前から先輩には出せる金額ではなかったのです)、またもともとのお人柄が、争いよりは忍耐や辛抱を選択してしまう方であることなどから、本人にその気が起きないようなのです。本来は理性的に物事を処理できる方だったのですが…。
先生からアドバイス頂きました通り、ふつうの人だったら給料の振り込み先を変えるということをいの一番にしそうなものですが、どうやら奥様の剣幕に圧されて自ら通帳等を手放してしまったらしいので、そういうこともせずに静かに貧窮状態に甘んじています。まるで仙人のような様子です。
なお、先輩には既婚の弟さんが一人だけいるのですが、この奥様との人間関係がこじれて絶縁してしまっているようです。
上記のように、本人は何も動こうとせず、このまま病気になって死ぬならばそれも運命……と甘受するつもりのようすです。「神様がいるとしたら、少しイタズラが過ぎるな……」などと力なく苦笑しているだけなのです。
親族にも味方がなく、周囲の他人でこの問題を知っているのは私のみ。そして本人には積極的に解決しようという姿勢がない。このような場合に、第三者の私にできることはありますでしょうか?
先輩はまっとうなプライドや義理もお持ちの方なので、私が金銭を負担することは、それが当初から分かっていれば当然拒否なさると思います。ですが私としては、今回の件は先輩の人生や生命に関わる大事と捉えておりますので、多少の金銭的負担を秘密裏に肩代わりすることにはやぶさかではありません。
ご回答お待ちしております。どうぞよろしくお願い申しあげます。

法的には、本人に依頼の意思がないかぎりは、代理人としての弁護士も動けません。本人が、それでいいと言われたら、どうしようもないですね。

あとは、それでも話をきいてあげて、おそらくは他の楽しみ、他の生き方が見えていないのでしょうから、何かみつけてあげられないか、

というところでしょうか。

khyh1709をはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;回答ありがとうございました。解決したいという本人の意志がないと法的な処置は行えないのですね。
先輩は恐らくお母様を亡くした気落ちもあって、全てどうでも良いという気持ちになってしまっているのかもしれません。
私だけがたまたま知ってしまったこの事情をずっと口外せずに過ごしてきたのですが、私の忠告で本人が動いてくれないのであれば、先輩に恨まれてでもどなたか他の、本人が忠告に耳を傾けてくれそうな方に打ち明けてみようかと思います。法的手段の前にまずは、萎縮と諦念で動けなくなっている先輩に行動を促せるよう工夫してみたいと思います。