JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5479
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

送信を失敗してしまいました。申し訳ありません。

ユーザー評価:

送信を失敗してしまいました。申し訳ありません。
前の会社が事業譲渡したため、現在、転籍先で勤務しています。、3月1日付です。今の会社は介護事業部長と私(副部長)が必要ないらしく、社長は指示、命令をすべて私たちの前の部下に直接行い、私たちには一切情報を流しません。そのような状態が2か月ほど続き、部長は胃潰瘍になり退職してしまいました。結局、何も具体的な仕事はできず、それどころか、前の部下に「副部長は無視しろ」と指示、また「副部長は放っておけ」と話したという情報を、その指示を受けた前部課からメールで知りました。
最近になり、近いうちに総務で組織作りをしてもらうという口頭の話だけをもらいましたが、具体的な課題はもらっていないため、実質的に自分で課題を見つけて仕事をしている状況です。そのようなストレスが重なり、とうとう抑うつ状態で内科を受診し、処方薬を飲んでいます。精神科ではなく内科を受診したのは、かかりつけであることに加え、精神科受診に抵抗があったからです。
これは立派なパワハラによる傷害罪であり、刑事告訴できるのではないかと思いますが、勝算はあるのでしようか。ご多忙のところ申し訳ありませんが、ご教示ください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
32207;務で仕事を、という話は社長からではなく、総務の職員及び社長の上の会長からです。社長はその件については私の前の部下には話をしています。つまり私はつんぼ桟敷に置かれていました。ちなみに、その前の部下は上司にきわめて忠実で、私が上司の時は極めて私に忠実に動いてくれていました。しかし、社長が指示をするようになってからというもの、今度はその社長の「無視」指示にきわめて忠実に従い、私には目も合わせなくなってしまいした。これは極めて大きなショックでした。実際のところ、その部下に社長指示は明らかに犯罪なので、違法な命令には従わないのが法的にも正しい行動だとメールしたことがあります。しかしその部下は私には世話になり心苦しいが、社長の指示だし、と回答してきました。以上です。

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。まず、傷害罪で、刑事告訴したいと言うことですが、確かにパワハラで、精神的苦痛を味わい、病院に通う程であれば、成立する可能性はありますが、基本的に、個別労働紛争なので、最初は、会社にあるパワハラを相談する部門や担当者や上司に相談することになりますが、そのような部門等や信頼できる上司もいないようなので、労働基準監督署に相談することになります。そうすることで、労働基準監督署から、会社に対して指導が入ることになります。確かに、個人的に、相手を傷害罪で訴えることも出来ますが、刑事事件ともなると、懲役等もあるので、人権侵害にならないように警察も明確な証拠がないと動きません。特に、身体的な暴力ではないので、尚更慎重です。会社内の第三者の証言などを集める必要があります。勝算があるかと言うことで、民事の不法行為による損害賠償請求と言うことであれば、それは可能性があります。ただ、争うことで、その会社を辞める覚悟があるのか、そこに残りたいかで動きも異なると思います。個別労働紛争として、待遇改善を求めるのであれば、特定社会保険労務士にご相談されてみても良いでしょう。行政機関による紛争調整委員会のあっせんもあります。

質問者: 返答済み 1 年 前.
19969;寧なご回答ありがとうござました。もう少し確認させてください。
1 転籍して会社は、驚くほどにコミュニケーションの欠けた組織活動で、そのような社風に問題意識をもっているのか、会長が私に組織作りをしてくれと依頼したのではないかと推察しています。しかし、社長も会長も前の会社の中間管理職2人などいらないと思いつつ転籍を受け入れたのではないかと思わせても不思議ではない行動をとってきました。よって相談するにも社長との関係の強さなどを推し量って対応しないと、こちらがさらに不利な立場に立たされるのではないかと案じているのです。上のご助言のとおり、本件を白日の下にさらすにはかなりの覚悟が必要と思っています。特に刑事事件告訴はハードが高いようなお話。これまで大学卒業以来、国家公務員管理者として慎重に勤務した身としては、少々意外でしたが、個人的には罰金や会社の慰謝料?などは関心がない代わりに、この30台半ばの社長の非常識を完璧に攻略し、社会的に再起できない処置を求めているのです。このような過激な考え方は今までしたことがないのですが、それほど復讐心が募っています。これももしかしたら「鬱」のせいかと思っていねのですが、それを行動に移していない理由が櫃とあります。
2 それは、今まで真摯に私の指導に従っくれた部下への思いです。この部下は先ほども記したようにきわめて素直な性格ゆえ、逆に言えば上司になったものに対してはこれまでの関係を崩すことにもモラルの崩壊に関する意識(自責の念)が少ないことが唯一の欠点です。かねがね指導していましたが、やはり影響力の強い者についていくという性格は治っていなかったようです。しかし、刑事事件にすると、最も直接的に私に影響を及ぼしたこの部下も直接の加害者となることに違いないでしょう。個人的にはそれは望みたくないので事前に「警告的」な助言を与えた経緯があります。さて、民事訴訟も考えました。一定の賠償は絵けられたとしても、これは基本的に会社が民法の規定の中で賠償するのでしょうから、社長に直接的な被害は及びません。それでは私の気持ちが収まりませんし、私の継続勤務も居心地は悪くなるに違いありません。さて、労基署に相談、労基署から指導という流れは当然承知していますが、やはり同様に要注意人物と認識される可能性があるので、これも二の足を踏みそうです。特定社労士とは何でしょう?会社が抱えている社労士でしたら、会社側に傾くのでしようから役に立たないのではないでしょうか?長々と書いてしまいました。結論的に申しますと、会長の私に関する認識や社長との関係を周囲から情報収集し、必ずしも社長の側ということでなければ警告的な意味も含めてこれまでのハラスメントの状況を話し、改善を求めようかと思いますがいかがでしょうか? 以上
質問者: 返答済み 1 年 前.
22833;礼しました。評価は必ずしもその通りではなく、続けて質問を行うためにそのような評価をしなければならない(追加料金が発生?)ものと誤解していたようです。新しい確認事項があります。少なくともこれへの回答をもって最終評価としたいと思います。

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。追加のご質問がある場合は、お考えの通り、評価はせずに返信だけで構いません。追加のご質問ですが、仮に会社ぐるみで、パワハラがあったとしても、証拠を集めたり証言を得るためには、内部の協力者が必要です。ただ、会社のトップに対する有力な対抗勢力(同レベルの役員等)がいないと、社員の協力は得られないかもしれません。トップがいなくなれば、会社が成立しないような会社では、誰も協力はしたがらないでしょう。今の会社システムは、我慢して残るか、自分の理想を求めて転職や起業をするしかない時代とも言えます。会社の方針に従わないのであれば、労働組合でもないと去るしかないとも言えます。基本的に、聞く耳を持たないトップでしょうから、やはり覚悟は必要です。それか、対抗勢力を味方につけることですが、それもないなら、徹底的にやりあうしか無いでしょう。退職強要で、社員の地位を取り戻した人も、ほとんどが、数年しないで辞めているのが現状です。特定社会保険労務士は、労働個別紛争に特化した社労士で、労働者の味方です。あまり存在はしませんが。我慢をする気がなければ、徹底的にされるべきです。頑張って下さい。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12371;のたびは大変ご丁寧なご回答に感謝いたします。実のところ、まだ対処方針は決めていないのですが、刑事告訴が思ったよりも大変な作業を必要としていることに少々面倒な気持ちを持ち始めました。ただ、それでも社会性と常識のない加害者を無罪放免にする気持ちは全くありません。今後は戦略的に周りを固め、四面楚歌の状況を作為し背水の陣に追い込む方策を探っていくことにします。法が正義と弱者を守る趣旨であることは了解していますが、その弱者が身を守るために払わなければならない負担のことを思うと、法は必ずしも観念的には弱者救済に完璧ではないようであることを改めて感じた次第です。観念的にと述べたのは、相手(加害者)側の論理をつぶしていく、換言すれば「ディベート(の世界)」という、真理(被害者が明らかに目に見える障害を負わなくとも被害を受けたという実質的被害心)とはまた異なった世界で戦わなくてはならないという負荷を背負わなけばならないのか、ということです。鬱は、昨日新たにしょほえしてもらった薬が効いて、今日は結構心理的負担を少なく過ごせたように感じています。じめじめとした戦いがもう少し続きそうですが、先生のご助言で感情論を理性で進めるようになった思いです。ありがとうございました。

法律は、弱者の味方と言うことではなく、確かに法律を知っている人を助けると言う意味合いはあります。そのために、詐欺師が法律ギリギリで攻めてくるのはあります。また、現実的に、刑事告訴が簡単には、受け取ってもらえないので、最悪の事態に発展することもあります。何事も、冷静に慎重に対応していくことが大切なようです。証拠もそうです。相手が、言い訳できないように集めることが必要です。それと、現時点ではマイナス評価なので、少しでもお役に立ちましたら、評価を見直していただけると助かります。お手数ですがよろしくお願い致します。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12362;はようございます。このたびは適切なご助言をいただきありがとうございました。
応募の転職先の書類審査結果がまだ届いていないのですが、ぜひ採用してもらえればとひそかに期待しています。もう今の会社には期待も希望もないので、その節はもったいない人材を退職に追い込んでしまったという思いをさせるため、組織作りとマニュアル作りの仕事(を本当に与えてくれるなら)に集中してみたいと思います。また、応募先採用がもし決まったら労基署にも本件については、しかるべき対応をしてもらうよう相談してみたいと思います。本件はこれでご相談を終了したいと思います。まりが問うございました。なお、前回、最終のやり取りとして評価をし直したのですが、うまくいかなかったようです。申し訳ありません。

ありがとうございました。また、何かございましたら、お気軽にご相談下さい。よろしくお願い致します。

法律 についての関連する質問