JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5490
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

前提として5年程前に両親が離婚しています。私は父の元に留まりました。現在、20歳です。半年程前に離婚してから転がり込んで

ユーザー評価:

前提として5年程前に両親が離婚しています。私は父の元に留まりました。現在、20歳です。半年程前に離婚してから転がり込んできた女(離婚の原因)と周りに相談せず籍を入れました。そこで私は家を出て母と妹と住むことにしました。
本題なのですが、母の元に行くに際して私の資産を母に管理してもらうことになりました。資産と言っても学資(300万)と母が離婚するまで貯めていてくれた(200万)です。学資の存在は最近知ったことですが、200万は父が管理しています。
学資の証書は離婚の際、母が持って家を出たので契約者を変更しようとしたところ、最近、証書紛失の扱いで解約されたとのことでした。 証書があるのに虚偽の申告をしたなど、何か罪にならないものでしょうか。

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。その場合、虚偽の申告をして騙したのは、保険会社が被害者となりますので、詐欺罪や窃盗罪と言う扱いです。これは、例えば、カード詐欺で、他人のカードを勝手に使った場合と同じで、被害者は、そのカードを使われた方ではなく、銀行側等の金融機関になります。今回のケースは、保険会社が詐欺罪や窃盗罪として刑事告訴することになります。私文書偽造罪にしてもそうです。刑事事件の場合、直接の被害者(ここでは、保険会社)が訴える告訴と犯罪を知った第三者(ご相談者様等)が訴える告発があります。刑事告発すると、お父様に主張されて、民事の不当利得返還請求をされても良いでしょう。不当利得返還請求は、内容証明でされると良いでしょう。内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると、相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。応じない場合は、刑事告訴や裁判所の調停を申し立てると主張されると良いでしょう。頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問