JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Maigretに今すぐ質問する
Maigret
Maigret, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 32
経験:  都市圏の中規模事務所に勤務する中堅弁護士です。
97278336
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
Maigretがオンラインで質問受付中

質問ですが、よろしいでしょうか。

ユーザー評価:

質問ですが、よろしいでしょうか。
質問者: 返答済み 1 年 前.
65299;0代前半独身女性です。不倫相手の妻から、弁護士を通じて通知書を受けました。
内容は、過去1年4ヶ月の不貞行為に対し、慰謝料300万と、求償権
行使の放棄、賠償責任をしないこと等。
健康被害があること、子供がおとなしくなったこと、相手が既婚者、子ありであることは知っていましたが、夫婦関係はとうに壊れていて、子供を介した会話以上のものはなし、夫婦間の性生活は4年以上なし、という主張のもと、先述した期間、不倫関係にありました。
単身赴任のため、家族と同居はしていない状況でした。夫婦は離婚をしておらず、通知書内にはもろもろ記載がありましたが、慰謝料300万は妥当なのでしょうか?また、不倫相手の妻に対する責任はなく、請求されたものは全額支払い義務があるのでしょうか。金額の妥当性と訂正な額、および責任割合についてご教示ください。
提示された額は妥当でしょうか?
求償不可なのでしょうか?離婚をしているのとしていないのでは額が異なるのではと考えています。通知書の送付を受けて受け取った旨の連絡を送付元の弁護士にはしましたが、金額や支払い方法や意向を聞かせてほしいと言われています。
どのように行動するのがよろしいでしょうか。

ご質問ありがとうございます。

まず,婚姻関係が破綻した後に不貞行為がなされた場合は,慰謝料の支払義務はありません。もっとも,「婚姻関係が破綻した」というためには,離婚を前提に別居して数年経っている等,離婚に準ずる状態といえる必要がありますので,お書きになっている事情(単身赴任で別居しており,夫婦関係も会話もない等)程度では,この主張(支払義務はない)は難しいと思います。

慰謝料の相場について,明確な基準はありませんが,ご指摘のとおり,離婚に至った場合とそうでない場合とでは,相手方が被った「精神的損害」の程度に明らかに違いがあります。離婚に至った場合の慰謝料は,200万円~300万円前後になることが多いですが,離婚せず元のサヤにおさまるのであれば,100万円前後が妥当かと思います(あくまでも目安で,実際の慰謝料の額は,婚姻期間と不貞期間の長さ,子の有無,その他諸般の事情を考慮して個別に判断されます)。

自分の負担部分を超えて慰謝料を支払った場合は,不貞相手(夫)に対して求償することができます。相手方(妻)と示談して慰謝料を支払う場合,相手方に支払う額が,①慰謝料の全額なのか,②あなたの負担部分のみなのか(妻側が,①夫との関係も含めて一括解決する趣旨なのか,②夫には別途請求するつもりなのか)を明確にしておく必要があります。①であれば,全額を支払った貴方は,不貞相手(夫)に対して,その負担部分を求償することになります。

相手方の主張額(300万円)は(離婚するつもりがないのであれば)譲歩する余地を残すために,やや高めに主張しているものと思われますから,交渉する余地は十分あるでしょう。今後離婚する方向であれば,300万円が妥当という可能性もあります。

いずれにせよ,相手が弁護士に依頼しているのであれば,対等に交渉するためには,やはり弁護士に依頼した方が良いと思います。示談して支払うにしても,夫との求償等も含めて事前に整理し,きちんとした示談書を交わした上で支払うべきと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;回答ありがとうございます。
相手方弁護士への次回の連絡は、請求された額としては高いのではないかと返答しても良いものでしょうか。
もしくは、当方も弁護士依頼すると伝えるのがよいものなのでしょうか。相手方は一切の離婚をするつもりがない模様です。この場合、将来的にその夫婦が離婚に至った場合も、突然請求が来るのでしょうか?私としては相手方の夫には一切の通知をせずやり取りしていると見ています。
将来どうなるかは想像すら出来ませんが。ご教授ください。
よろしくお願いいたします。

相手方に何らかの回答をする前に,まず,法テラスや弁護士会などの相談窓口で,弁護士相談を受けることをお勧めします。その上で,弁護士に依頼する場合は,弁護士から回答してもらうのが良いでしょう。

なお,示談して慰謝料(和解金)を支払う場合は,示談書(和解契約書)の中で「本示談に定める他一切の権利義務がないことを確認する」という清算条項を定めておけば,その後,相手方が離婚したとしても,追加で請求されることはありません。

質問者: 返答済み 1 年 前.
21463;領した通知書には、他言を禁ずる文言と、通知人の夫にも言わないことと書かれてありましたが、こちらは、その夫には言うのは控えた方が良いのでしょうか?
通知書にその義務はありますか?

他人が公表したくないと思っている(言っている)事実を不特定多数に告げると,名誉棄損に当たる可能性がありますので,弁護士に相談する場合を除き,他言は控えた方が無難です。

通知人の夫(不倫相手)に告げると離婚に発展しかねず,貴方の責任がより重くなってしまう可能性が高いので,避けるべきです。

いずれにせよ,すでに弁護士が必要な状況ですから,弁護士に相談してから具体的な対応を決めるのが良いと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
24321;護士に対応をお願いした場合、弁護士というのは、勤務先への連絡など、その部署へのなにかしらの確認などはするのでしょうか?
ご教示ください。
よろしくお願いいたします。

相手方の勤務先への連絡は,名誉毀損などと言われるリスクがあるので,通常は行いません。まともな弁護士であれば,依頼者の了解なく連絡することは考えられませんし,依頼者が希望したとしても,やめておいた方が良いとご説明する場合が多いと思います。

依頼者の勤務先に連絡することは,依頼者の希望がないかぎり,勿論ありません。

Maigretをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問