JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5479
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ネット販売の資格取得(二次試験)のためのセミナーに申し込みました。

ユーザー評価:

ネット販売の資格取得(二次試験)のためのセミナーに申し込みました。
申し込みから1か月経過した段階で、こちら側の事情(一次試験免除者でなく、二次試験が受けられないことが判明したため)でセミナーの受講を取り消し、支払った金額の返金を要求したいのですが、可能でしょうか?
ネットには、返品期限は、”入金日を含めて8日以内といたします”と書いてありました。
ちなみに、テキストは送られてきており、一部(書店でも市販されている本)を使用済みです。しかし、セミナーはまだ始まっておらず、開始まで2か月以上あります。

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ネット通販は、基本的には、クーリングオフはありません。そう言う意味では、8日間のクーリングオフ期間があったのは、良心的な業者とも言えます。セミナーはリアルな教室講義ではなく、ネット等によるものでしょうか?仮に、先方の業者から無理やりセミナーを受講させたり、ご相談者様が一次試験免除でないのに可能と騙して契約させたのであれば、詐欺や強迫の契約は取消しが出来ます。また、自分は一次試験が免除と思っていたが、実際には、免除されなかったのであれば、民事の錯誤無効による契約の取消しはあり得ます。ただし、表意者に重過失があると認められません。ただ、重過失は、業者側が証明することになります。額にもよりますが、一度、主張してみても良いでしょう。場合によっては、消費者被害として消費生活センターにご相談されても良いでしょう。担当者が代理交渉をしてくれる時もございます。契約の取消しは、内容証明でされても良いでしょう。内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。応じない場合は、民事調停を申し立てる手もございます。頑張って下さい。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;回答ありがとうございました。
アドバイスがよくわからない部分があったので、追加で情報をお示しします。
セミナーはリアル講義で、通学することになります。金額は数十万円でした。
一次試験免除だと思っていたが実際は違っていたのは、私の調査不足によるです。しかし、個人的には二次向けセミナー申し込みの時点で、業者の人が”本セミナー受講に該当する資格所有者なのか”を確認してくれてもよかったのではないか、という気もします。
民事の錯誤無効による契約の取消しというものが説明不足でよくわからないので、その点追加説明をお願いしたいです。

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。追加のお話から、民事の錯誤無効による流れと思います。錯誤と言うのは、勘違いのようなものです。二次試験が受けられると勘違いしたと言うことにで解約することになります。錯誤無効は重過失の場合は、適応されませんが、きちんと二次試験向けと言うことであれば、一次試験の免除等があるかは業者側も確認しないといけないでしょう。確認してくれれば間違いと気づき申し込まなかったと言う考えです。ただテキスト等は、渡されて使用しているなら、完全に無料でキャンセルは無理でしょうが、講義に出ないのに、相手に何ら損害が無ければ、高額なキャンセル料は請求は出来ません。キャンセルさせないと言うのであれば、やはり前述した通り消費者被害として、消費生活センターにご相談されると良いでしょう。その上で、内容証明で、錯誤無効で契約の解除をすると主張します。前述の専門家にご依頼された方が良いでしょう。頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問