JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1226
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

開業後12年の眼科医院の院長ですが、職員が正社員6人、パート1人います。(院長以外は女性)春~夏が繁忙期、秋から冬が閑散

ユーザー評価:

開業後12年の眼科医院の院長ですが、職員が正社員6人、パート1人います。(院長以外は女性)春~夏が繁忙期、秋から冬が閑散期です。開業当初、正社員4人のみだったため、職員が疲弊を訴えたおり顧問税理士の指示で繁忙期手当を設けました。変動しますが一人当たり15000円~29500円/月、昼当番手当2000~3000円、皆勤手当5000円/月、その他定額的に払われる手当として準備手当5000円/月、昼食手当3000円/月、昼当番手当2000~3000円を基本給以外に各人に支払っています。さらに福利厚生費として飲食費一人3000円/月、交通費は公務員に準じ支給。このような状況で毎年4000円昇給、賞与は年2回・計3.6か月支払っているうちに職員給与が総収入の25%以上になっています。
開業当初から二人経験者を雇い12年勤務勤務継続したため年収は一人は約480万一人は430万くらいになってます。、その他の職員は結婚出産で退職し勤務年数は短いです。
さらに有休休暇も好きなように取らせておりベテラン二人は年間ほぼ20日取得してます。
これまで顧問税理士から「雇用の安定のため」という名目で職員の要求をほぼ受け入れてきた結果です。
こういう状況でも疲弊するということで繁忙期にはかかわらず有休を一人1~2日取得。人件費はいっぱいいっぱいということで増員は厳しいということを伝えておいたところ、(図々しい)ベテラン職員から繁忙期は付かれるから休診日(全員休みの日)を設けてほしいと訴えてきました。現在は日曜祝日全日休診、木曜午後土曜午後半日休みです。繁忙期だから疲れるのは当たり前でそのため繁忙手当もだしてるのに誠に図々しいと思いますが無視して問題ないですか?あと今後も働きやすい環境を作って欲しいと昇給額や賞与の増額、診療時間の短縮も要求してきています。
法律担当の特定社会保険労務士です
休診日を設けてほしいという要望に応じなければいけない義務はありません。したがって応じなかったことでの直接的な問題はありません。
職員の手当や賞与、昇給、年収などをトータルに考えますと一般的な感覚で言えば非常に充実したものだと思います。有給休暇は法律で言えばとれるものですが、現実的に自由にとらせていない企業が多いことも考えますと貴院の従業員は恵まれている環境だと思います。
昇給額や賞与の増額、診療時間の短縮の要望にも応じなければいけない義務はありません。
ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
回答ありがとうございました。零細だと本業以外の人事の問題は悩ましいです。特に採用時には見抜けなかった図々しい職員がのさばってしまい、他の企業との比較ができないため対応に困っていたところで助かりました。

法律 についての関連する質問