JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3680
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

業務委託契約にて、業務を委託していますが、作業完了報告書を委託先からいただきました。 作業完了報告書のひな形が、相

ユーザー評価:

業務委託契約にて、業務を委託していますが、作業完了報告書を委託先からいただきました。
作業完了報告書のひな形が、相手先のものなのですが、管理部門から、不足があるのではないかと指摘をうけました。
法的に作業完了報告書に記載すべき項目を教えていただけないでしょうか?
尚、いただいた作業完了報告書には、以下項目が記載されています。
・日付
・「作業完了報告書」
・宛名 弊社名
・委託先 会社名、住所、電話番号等
・「下記作業が完了いたしましたので、報告します」
・件名
・作業日時
・作業場所
・作業内容
以上です。
管理部門の指摘は、弊社確認欄が必要ではないか?というものです。
どうぞよろしくお願いいたします。
ご質問ありがとうございます。
特定行政書士です。
よろしくお願い致します。
業務委託契約について、契約で定められている内容があれば、
そちらが優先されますが、特に定めがなければ委任(民法第643条)の規定が適用になると考えられますが、
作業完了報告書については特に委任契約では定めがありません。
下記は慣習と経験則で申し上げますが、
・日付
・「作業完了報告書」
・宛名 弊社名、担当者名
・委託先 会社名、担当者名(営業担当など)、住所、電話番号等
・「下記作業が完了いたしましたので、報告します」
・件名
・作業日時
・作業場所
・作業内容
・作業責任者名
・作業者名
・検収者名(ご相談者様の会社の担当者)
・検収印
という項目欄等が一般的で、ご相談者様がご認識の通り、
確認欄(検収欄)を要求されるとよろしいかと思います。
委任契約では委任業務終了後に報酬請求権が発生する(民法第648条第2項)という関係があるため、
受任者側で業務終了を委託者側の検収を受ける事で証明すべきと考えられるからです。
以上ご参考頂ければ幸いです。
dueprocessをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
早々に対応いただき、ありがとうございました。
大変助かりました。
こちらこそありがとうございました。
お役に立てたようで幸いでございます。
それではよろしくお願い致します。

法律 についての関連する質問