JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5129
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

2015.7.28 生活保護での資金不足生活保護費 138,064円 を受け取りました。生活保護で、ケースワーカーが「相談相手」になったので

ユーザー評価:

2015.7.28 生活保護での資金不足
生活保護費 138,064円 を受け取りました。
生活保護で、ケースワーカーが「相談相手」になったのですが
「税務署の役員」みたいな人で、
今住んでいる住宅は、7月中に「55,500円の家賃」を
支払って、退去しなければいけない。
しかし、引っ越し先の「家賃その他」と、未払いの「電話代・水道代・電気代」
などを支払うと、残りはほとんど無くなります。
派遣の仕事で、多少はお金を稼げるのですが「1週間に、28,000円」
程度が限界で、見通しが暗いのです。
「指導に従え」というばかりで、疑問や困った事に答えてくれません。
ケースワーカーは「一人で、80人を担当」という事も関係があるらしく
不安が増すばかりです。
万が一、困ったときの「生活保護」と、聞きました。
「銀行預金 + 手持ち現金」が、6万円を切ったら「申請手続き」を
してくれるとも、説明がありました。
しかし、実際には「銀行預金 + 手持ち現金」が、3万円に
低下してから、さらに「別途審査」になって
今は、生活保護費 138,064円 が、手元にあるだけです。
「住宅の手配」は「専門の業者」に任せてあって、手配はしてくれるのですが
ケースワーカーは、それも「審査対象」だと、いってきまして
それだと、7月中の退去ができず
しかも、責任の所在が不明瞭になり「裁判沙汰」に、発展しかねません。
私は、一体どうしたら良いのでしょうか?
こんにちは、こちらご投稿のカテゴリを管理しておりますRyoko.M と申します。
お客様がご投稿になられた質問に回答できる専門家をお捜ししておりますが、回答ができる専門家を見つける
には、残念ながらもう少し時間がかかりそうです。
引き続きお探しいたしますが、もうすでにご投稿の質問への回答を見つけられた場合はご連絡ください

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

行政書士のSUPERTONTONでございます。

生活保護に至る経緯がご不明ですが、

生活保護に至る前の段階での、セーフティネットで

平成27年の4月より、生活福祉資金貸付制度が始まっているので

そちらを検討された方が良いかもしれません。

生活保護を受ける場合は、いろいろな制約があり、自立をする努力を

された方が良いかもしれません。

また、お話から月に12万円程度収入があるとなると

生活保護から差し引かれるので、意味が無いかもしれません。

仮に、働けない理由が、精神疾患等であれば、とりあえず

障碍年金がもらえないかも検討された方が良いかもしれません。

障碍年金は、年金事務所の担当であり、生活保護と併用も可能な場合もあります。

以前、生活保護と障害年金で、こちらは家族でしたが月額30万円程度

もらえた方もいます。

また、生活保護はどこでの市でも手続きは可能ですので

引っ越して別のケースワーカーの担当に期待する手もあるかもしれません。

頑張って下さい。

supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5129
経験: 中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問