JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
eokuyamaに今すぐ質問する
eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 161
経験:  University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
13871884
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

先生 突然のご連絡で失礼します。 私は海外在住の者です。 小生と娘の日本国籍離脱に関して、どの様に

ユーザー評価:

先生
突然のご連絡で失礼します。
私は海外在住の者です。
小生と娘の日本国籍離脱に関して、どの様に対処し、解決すれば良いものかを以前より思い悩んでおりました。
ネットで検索しておりましたところ、御サイトを見つけ、ご相談させていただければとご連絡致しました。
私共の今までの状況を極力詳細にご報告した方が、先生のご判断にも宜しいのではと考えましたので、多少長文になりますがご了承ください。
先ずは私どものバックグラウンドを簡単にお話させていただきます。
小生の家族構成はChinese系の妻(2001年に国籍を当地に変更)、娘26歳、小生の3名です。娘は日本で生まれましたが、1歳半のときに小生の海外勤務に伴い日本を離れましたので、日本語は残念ながら殆どと言って良いほど理解出来ません。俗に申します”片言”以下です。
妻は、自尊心が高く、それが原因とも思われますが、1990年に離日以後も、しばらくしてから精神的な病を患い、その後此方に来ましても、いろいろな病を併発しており、専業主婦も儘ならない様な状況が現在も続いております。
娘は現在当地にて会社勤めをしております。
小生は1990年に会社勤めで2度目の海外勤務で赴任し、1997年に当地に転勤して参りまして、その後引き続き在住しております。
此方には参りましたが、運悪く1999年辺りからのアジア金融危機による景気経済低迷に遭遇し、2001年末に会社都合により、ほぼ強制的に退職せざるを得ませんでした。その後、2003年単身赴任で大阪に数年勤務し、その後は東京にて職探しをしておりましたが、なかなか見つからず、職探しの間、インターネットマーケティング関連を試みておりました。
2007年春にやっと仕事が見つかりまして勤め始めたのですが、その年の7月に妻が、日々の生活への心配、娘の面倒、更に大学生の身でしたので勉学と、かなりの心労、疲労が蓄積し、相応のストレスが原因で交通事故を起こし(運転中に意識喪失し街路樹に激突)、その年暮れ辺りから精神的ショック、ストレスが更に悪化したため、小生は退職し
2008年に当地に帰国しました。
その後もなかなか容易には仕事が見つからず、インターネット関連も順調とは程遠く、所有していた家を売り払い生活をせざるを得ませんでした。その後、仕事の模索をしておりました時に、日本にてある事業をしてみようと考え、娘を此方に残し(当時大学生)、2010年3月に妻と日本に帰国。事業を始めたのですが、最終的に失敗に終わり、翌2011年2月に此方に戻りました。
以後此方にて何とか生活しております。
失業、妻の精神的、身体的看病、就職難、家宅侵入強盗による被害とトラウマ、それに追い討ちを掛けるかの如く、小生の癌の全摘出の手術、その後の体力回復および後遺症からの回復遅延などなど、、、現在もそれらの症状が継続しており、日々の生活の建て直しに追われて、パスポートのこと、国籍のことは正直申し上げて頭から抜けておりました。
申し訳ない思いで一杯です。
さて以上が私どもの概略ですが、本題の国籍の今後の処理に関してお伺いしたく思います。
私たちの国籍に関する点をいくつか記させて頂きます。
娘ならびに小生も、2001年12月に妻の国籍取得と同時に取得しております。(14年前です)
1)小生の間違った思い込み(国籍=パスポート所持ならびに使用)により、当地のパスポートを取得しなければ、日本のパスポートを使わざるを得ないと思い込んでおりました。従って、その間今までの間に、娘は2度、小生は1度パスポートの更新をしております。
日本国籍喪失届に関しては存じ上げず、手続きはいたしておりません。
娘は日本語能力は殆どゼロに等しいので、小生が代筆をし、娘には署名だけさせてパスポート更新の申請書を作りました。
日本のパスポートにはResident Permit (Indefinite)のスティッカーが常時貼られています。
2)上記の思い込みにより、パスポートの更新時、申請書の外国籍有無の欄には”いいえ”で提出していました。  領事館の職員も何も言及しなかったと思います。
3)国籍取得後、娘は2003年に1度目の更新(2008年まで有効)をしております。2008年に、小生と娘は同時に更新を致しました。
娘は2度目の更新となります。小生は10年ですので2018年まで有効ですが、娘は5年でしたので昨年2013年まで有効でした。 しかし、更新手続きをしておりませんので既に
失効しております、、、と申しますより完全に忘れておりました。
娘のパスポートは小生が外部の貸金庫にて保管しており、小生も有効期限が5年と云うことをスッカリ忘れておりました。
小生と同様に10年と思い込んでおりました。(強盗に見舞われた経験から、貴重品と共に貸金庫に保管しております)
娘は飛行機が大嫌いなため、国内外を問わず航空機による旅行は余り好まず、パスポートの利用頻度は至って少ない事も忘却につながっていたかもしれません。小生たちが日本におりました2010年の年末に一度、日本のパスポートで2週間程日本に来ております。
4)その後、娘は2012年8月、小生は昨年半ばに此方のパスポートを取得しております。
日本のパスポート返却が国籍取得から3ヶ月以内などとは全く知らず、今回そろそろ返却せねばと思っていたところで、今回の件に気がついた次第です。
さて、前置きが長くなり申し訳ございません。今回初めて旅券法、国籍法などのサイトを少し見てみました。
外国籍を取得した時点で日本国籍を失うなどとは全く知らず、自分の無知に只々驚いております。
いくつか質問をさせてください。
A)今回のケースは、不正使用、虚偽記載などに該当しますか?
懲役5年、罰金300万円云々と記されていました。驚いています。2名で600万円、、、、その様な余裕は全くございません。
全く悪意は無く、故意でなかったので何か良い方法は、出来ればご容赦頂ける方法は無いでしょうか?
B)娘は何も詳細は判らず、小生の一存で今回の件を引き起こしてしまいました。娘には将来がありますので、身勝手とは思いますが、仮に罰則があるとするならば、娘に及ばない様にすることは出来ますでしょうか?日本国籍は両名とも当然放棄いたします。
C)必要な届ほか、書類の提出は此方の領事館で問題ないでしょうか?あえて日本の役所なりに出向く必要はありますか?
癌手術の後遺症(尿コントロール不能)のため、一旦催すと我慢が出来ず、飛行機内のトイレへの行列が不安ですので、 飛行機は遠慮したいところです。
また、領事館にてスムーズに事を運ばせる為の良い方法はございますか?どの様な質問浴びせられて、それに対してどの様に答えれば宜しいものでしょうか?
D)このご時世ですので、可能性として、将来的に、娘は仕事で日本に短期、長期滞在する事も考えられます。90日以内ならば観光ビザで問題ないとは思いますが、それ以上になった時には別の就労ビザ的なものが必要になるのではと思います。
その様な時ですが、此方でビザを申請するときに、仮に今回の件があり、問題児としてビザが発行されないなどと言う事態になりますでしょうか?
E)昨今の中東に於ける過激派による残虐行為のため、各国大使館、領事館などが在外日本人に対して注意喚起を促していると聞いております。  領事館は、今まで以上に全ての面で敏感にそして神経質になっているのではないだろうか、、、などとと考えております。 基本的には小生の件とは全く異質の問題とは思いますが、少し時期を置いて領事館なりに出向いた方が宜しいでしょうか?
ちなみに、娘は今年の8~9月に友人と3週間くらいの日本への旅行を考えており、航空券も既に購入しております。当然、日本入国、出国は此方のパスポートを使用いたします。
F)今回の様なケースでは、国籍離脱申請をしてから、どの程度の期間で許可が下りるものなのでしょうか?
非常に不安になって来てしまい、この件が持ち上げって以来、何かにつけて考えて込み、夜も良く寝むられず、かなりストレスを抱えていると自身感じております。同時に、娘は勿論の事、日本におります身内に迷惑が掛かることは何とか避けたいと思っております。
ちなみに戸籍は親から分籍して、戸籍筆頭は小生になっております。妻は外国籍ですので母親欄には記載されておりませんが、備考欄には小生との婚姻届提出と記載されております。
自分の不徳の致すところであり、自業自得と言われればそれまでなのですが、何とか穏便に事を収める為の良策を、先生のお力を頂戴できれば幸いです。
お返事お待ちしております。何卒宜しくお願い致します。
Customer:

ご質問ありがとうございます。

Customer:

A)今回のケースは、不正使用、虚偽記載などに該当しますか? 懲役5年、罰金300万円云々と記されていました。驚いています。2名で600万円、、、、その様な余裕は全くございません。 全く悪意は無く、故意でなかったので何か良い方法は、出来ればご容赦頂ける方法は無いでしょうか? B)娘は何も詳細は判らず、小生の一存で今回の件を引き起こしてしまいました。娘には将来がありますので、身勝手とは思いますが、仮に罰則があるとするならば、娘に及ばない様にすることは出来ますでしょうか?日本国籍は両名とも当然放棄いたします。 C)必要な届ほか、書類の提出は此方の領事館で問題ないでしょうか?あえて日本の役所なりに出向く必要はありますか? 癌手術の後遺症(尿コントロール不能)のため、一旦催すと我慢が出来ず、飛行機内のトイレへの行列が不安ですので、 飛行機は遠慮したいところです。 また、領事館にてスムーズに事を運ばせる為の良い方法はございますか?どの様な質問浴びせられて、それに対してどの様に答えれば宜しいものでしょうか? D)このご時世ですので、可能性として、将来的に、娘は仕事で日本に短期、長期滞在する事も考えられます。90日以内ならば観光ビザで問題ないとは思いますが、それ以上になった時には別の就労ビザ的なものが必要になるのではと思います。 その様な時ですが、此方でビザを申請するときに、仮に今回の件があり、問題児としてビザが発行されないなどと言う事態になりますでしょうか? E)昨今の中東に於ける過激派による残虐行為のため、各国大使館、領事館などが在外日本人に対して注意喚起を促していると聞いております。  領事館は、今まで以上に全ての面で敏感にそして神経質になっているのではないだろうか、、、などとと考えております。 基本的には小生の件とは全く異質の問題とは思いますが、少し時期を置いて領事館なりに出向いた方が宜しいでしょうか? ちなみに、娘は今年の8~9月に友人と3週間くらいの日本への旅行を考えており、航空券も既に購入しております。当然、日本入国、出国は此方のパスポートを使用いたします。 F)今回の様なケースでは、国籍離脱申請をしてから、どの程度の期間で許可が下りるものなのでしょうか?   非常に不安になって来てしまい、この件が持ち上げって以来、何かにつけて考えて込み、夜も良く寝むられず、かなりストレスを抱えていると自身感じております。同時に、娘は勿論の事、日本におります身内に迷惑が掛かることは何とか避けたいと思っております。 ちなみに戸籍は親から分籍して、戸籍筆頭は小生になっております。妻は外国籍ですので母親欄には記載されておりませんが、備考欄には小生との婚姻届提出と記載されております。 自分の不徳の致すところであり、自業自得と言われればそれまでなのですが、何とか穏便に事を収める為の良策を、先生のお力を頂戴できれば幸いです。 お返事お待ちしております。何卒宜しくお願い致します。

Customer:

ごめんなさい。順番にお答えしようと、質問をコピーしましたら、間違えて送ってしまいました。

Customer:

A)今回のケースは、不正使用、虚偽記載などに該当しますか? 懲役5年、罰金300万円云々と記されていました。驚いています。2名で600万円、、、、その様な余裕は全くございません。 全く悪意は無く、故意でなかったので何か良い方法は、出来ればご容赦頂ける方法は無いでしょうか?   答え) 

チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。
ごめんなさい。システムが新しくなって、チャット画面での答えが非常にやりづらく、Classicなこちらの画面でお答えします。
その前に質問なのですが、貴方様は現在海外と言うことですが、どちらにお住まいですか?当地や此方が一体どこなのか?教えて頂けますか?
奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.

個人を特定する文章なり、文言は伏せるように、、、とのご指示だった様に覚えておりますので、そのような表現にしてしまいました。

申し訳ございませんでした。

小生どもはNew Zealandに居住しております。

宜しくお願い致します。

ありがとうございます。
A)今回のケースは、不正使用、虚偽記載などに該当しますか?
答え)ならないと思います。日本国籍は当然あります。国籍を離脱する意思を明確にしていない以上Passportを正当に取得しております。外国籍があるなしについて、間違ったことを書いたことはミスですが、Passportを不正に取得したわけでも、不正に使用したわけでも、意図的にPassportに虚偽の記載をしようとしたわけでもありません。日本は二重国籍を禁止しては居ますが、罰則はない国です。
B)娘は何も詳細は判らず、小生の一存で今回の件を引き起こしてしまいました。娘には将来がありますので、身勝手とは思いますが、仮に罰則があるとするならば、娘に及ばない様にすることは出来ますでしょうか?
答え)罰則はありません。
C)必要な届ほか、書類の提出は此方の領事館で問題ないでしょうか?あえて日本の役所なりに出向く必要はありますか?
答え)国籍の返上は在外公館でできます。
D)このご時世ですので、可能性として、将来的に、娘は仕事で日本に短期、長期滞在する事も考えられます。90日以内ならば観光ビザで問題ないとは思いますが、それ以上になった時には別の就労ビザ的なものが必要になるのではと思います。 その様な時ですが、此方でビザを申請するときに、仮に今回の件があり、問題児としてビザが発行されないなどと言う事態になりますでしょうか?
答え)娘さんは、旅券が切れていただけですので、なんらとがめられることはありませんので、何の問題もありません。
E)昨今の中東に於ける過激派による残虐行為のため、各国大使館、領事館などが在外日本人に対して注意喚起を促していると聞いております。  領事館は、今まで以上に全ての面で敏感にそして神経質になっているのではないだろうか、、、などとと考えております。 基本的には小生の件とは全く異質の問題とは思いますが、少し時期を置いて領事館なりに出向いた方が宜しいでしょうか? ちなみに、娘は今年の8~9月に友人と3週間くらいの日本への旅行を考えており、航空券も既に購入しております。当然、日本入国、出国は此方のパスポートを使用いたします。
答え)特に問題ないと思います。いつでも国籍離脱のお手続きをされて大丈夫です。
F)今回の様なケースでは、国籍離脱申請をしてから、どの程度の期間で許可が下りるものなのでしょうか? 非常に不安になって来てしまい、この件が持ち上げって以来、何かにつけて考えて込み、夜も良く寝むられず、かなりストレスを抱えていると自身感じております。同時に、娘は勿論の事、日本におります身内に迷惑が掛かることは何とか避けたいと思っております。 ちなみに戸籍は親から分籍して、戸籍筆頭は小生になっております。妻は外国籍ですので母親欄には記載されておりませんが、備考欄には小生との婚姻届提出と記載されております。 自分の不徳の致すところであり、自業自得と言われればそれまでなのですが、何とか穏便に事を収める為の良策を、先生のお力を頂戴できれば幸いです。 お返事お待ちしております。何卒宜しくお願い致します。
答え)お話を伺う限り、大きな問題はありませんので、領事館の方にご都合の良いときにお出かけください。どうか、ご心配なきようにお願いいたします。なんら問題ありませんので。
以上
奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.

先生、
心強いお返事恐縮です。抱えていた緊張が少し軽くなった気が致します。
安心して領事館に出向きます。

少し(A)のお返事に関して質問させてください。

先生のお返事では;

A)今回のケースは、不正使用、虚偽記載などに該当しますか?

答え)ならないと思います。日本国籍は当然あります。国籍を離脱する意思を明確にしていない以上Passportを正当に取得しております。
外国籍があるなしについて、間違ったことを書いたことはミスですが、Passportを不正に取得したわけでも、不正に使用したわけでも、
意図的にPassportに虚偽の記載をしようとしたわけでもありません。日本は二重国籍を禁止しては居ますが、罰則はない国です。

とされています。
外国籍を取得した時点で日本国籍は消失している、、、云々と何かで読んだことがあります。そうだとすると、私たちの日本国籍は未だ存在するのでしょうか?
14年前にNZ国籍を取得した時点で日本国籍が自動的に消滅しており、その後に日本のパスポートを使用することは禁じられているのでしょうか?
当然、国籍離脱の届けも出しておりませんので、二重国籍保持者と言う範疇に入り、禁止事項に触れてお咎めが、、、などと考えてしまいます。

今回の件は罰則が無い、、、と言うことで安心致しました。ちなみに懲役5年、罰金300万円などと記されていたと思いますが、
これはどの様な事例の時に課されるのでしょうか?

領事館にて手続きをする際に、何か注意する点はございますでしょうか?先方はお役人ですので、平身低頭とか、平謝りとか、、、

心配性なものですので大変申し訳ございません。領事館に出向く前に心の準備をしておきたいので、宜しくお願い致します。

日本人のご両親を持って生まれた貴方様と、その日本人である貴方様を父親に持って生まれた娘さんは、「立派な日本人」です。これは、血統主義をもって国籍を決める日本には当然の権利です。
国籍法は、いかのように定めております。
第二条 子は、次の場合には、日本国民とする。
一 出生の時に父又は母が日本国民であるとき。
二 出生前に死亡した父が死亡の時に日本国民であつたとき。
三 日本で生まれた場合において、父母がともに知れないとき、又は国籍を
有しないとき。
国籍はどのように喪失するか?国籍法はいかのように定めています。ちょっと長いですが、全文を引用します。
(国籍の喪失)
第十一条 日本国民は、自己の志望によつて外国の国籍を取得したときは、日
本の国籍を失う。
2 外国の国籍を有する日本国民は、その外国の法令によりその国の国籍を選
択したときは、日本の国籍を失う。
第十二条 出生により外国の国籍を取得した日本国民で国外で生まれたもの
は、戸籍法(昭和二十二年法律第二百二十四号)の定めるところにより日本
の国籍を留保する意思を表示しなければ、その出生の時にさかのぼつて日本
の国籍を失う。
第十三条 外国の国籍を有する日本国民は、法務大臣に届け出ることによつて、
日本の国籍を離脱することができる。
2 前項の規定による届出をした者は、その届出の時に日本の国籍を失う。
(国籍の選択)
第十四条 外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有すること
となつた時が二十歳に達する以前であるときは二十二歳に達するまでに、そ
の時が二十歳に達した後であるときはその時から二年以内に、いずれかの国
籍を選択しなければならない。
2 日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の
定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨
の宣言(以下「選択の宣言」という。)をすることによつてする。
第十五条 法務大臣は、外国の国籍を有する日本国民で前条第一項に定める期
限内に日本の国籍の選択をしないものに対して、書面により、国籍の選択を
すべきことを催告することができる。
2 前項に規定する催告は、これを受けるべき者の所在を知ることができない
ときその他書面によつてすることができないやむを得ない事情があるとき
は、催告すべき事項を官報に掲載してすることができる。この場合における
催告は、官報に掲載された日の翌日に到達したものとみなす。
3 前二項の規定による催告を受けた者は、催告を受けた日から一月以内に日
本の国籍の選択をしなければ、その期間が経過した時に日本の国籍を失う。
ただし、その者が天災その他その責めに帰することができない事由によつて
その期間内に日本の国籍の選択をすることができない場合において、その選
択をすることができるに至つた時から二週間以内にこれをしたときは、この
限りでない。
第十六条 選択の宣言をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければな
らない。
2 法務大臣は、選択の宣言をした日本国民で外国の国籍を失つていないもの
が自己の志望によりその外国の公務員の職(その国の国籍を有しない者であ
つても就任することができる職を除く。)に就任した場合において、その就
任が日本の国籍を選択した趣旨に著しく反すると認めるときは、その者に対
し日本の国籍の喪失の宣告をすることができる。
3 前項の宣告に係る聴聞の期日における審理は、公開により行わなければな
らない。
4 第二項の宣告は、官報に告示してしなければならない。
5 第二項の宣告を受けた者は、前項の告示の日に日本の国籍を失う。
「外国籍を取得した時点で日本国籍は消失している、、、云々と何かで読んだことがあります。」は、間違いです。第11条の2は、その国(Newzealand)の法律が、国籍選択を要求している場合のみに適用されます。Neazealandの法律にはそのような規定はないようです。
二重国籍者は、犯罪でもありませんし、罰則もありません。「ちなみに懲役5年、罰金300万円」は、どこでご覧になったのかわかりませんが、パスポートを偽造したような場合と思います。公文書偽造でしょうか?それにしても300万円の罰金は多すぎるように思いますが。。。
領事館では、堂々としていてください。国籍を離脱するだけです。何も悪いことはして居りません。謝りもせず、何もしないで下さい。外務省の木っ端役人などに頭を下げる必要はありません。
奥山
eokuyamaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

奥山先生、

本当に心強い回答を有難うございました。

極力早急に領事館に出向き手続きいたします。

次回再びお力添えをお願い致す時は宜しくお願い致します。

いつでもご連絡ください。
奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.

先生、

私が記しました罰則は旅券の方でした。以下の様に”旅券法”では記されておりました。

==============

旅券法

(旅券の失効)
第十八条  旅券は、次の各号のいずれかに該当する場合には、その効力を失う。
一  旅券の名義人が死亡し、又は日本の国籍を失つたとき。

(罰則)
第二十三条  次の各号のいずれかに該当する者は、五年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一  この法律に基づく申請又は請求に関する書類に虚偽の記載をすることその他不正の行為によつて当該申請又は請求に係る旅券又は
   渡航書の交付を受けた者
二  他人名義の旅券又は渡航書を行使した者
三  行使の目的をもつて、自己名義の旅券又は渡航書を他人に譲り渡し、又は貸与した者
四  行使の目的をもつて、他人名義の旅券又は渡航書を譲り渡し、若しくは貸与し、譲り受け、若しくは借り受け、又は所持した者
五  行使の目的をもつて、旅券又は渡航書として偽造された文書を譲り渡し、若しくは貸与し、譲り受け、若しくは借り受け、又は所持した者
六  第十九条第一項の規定により旅券の返納を命ぜられた場合において、同項に規定する期限内にこれを返納しなかつた者
七  効力を失つた旅券又は渡航書を行使した者

======================

心配性なものですので再度確認させて下さい。

法律のことは良く判らないのですが、問題ないでしょうか?

宜しくお願いいたします。

お返事が大変遅れました。
国内の出張に出ておりましたので、Just Answerのサイトを覗くことがすっかりおろそかになってしまっておりました。
この条項にもありますように、貴方様は、旅券をここに上げているような行為を「行使の目的をもって」行っていませんし、虚偽の記載をもって旅券を取得しても居ませんので、罰則に触れるような状況にはありません。パスポートを失効させたことと、国籍の喪失はイコールではありません。
ですので、現住所国のPassportで旅行しても問題ありません。失効した日本国の旅券で旅行することは大いに問題になります。
どうぞご安心ください、
奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.

先生、

お返事有難うございます。法律の条文の解釈が難しく、余計な心配をしているのかもしれません。

確認ですが、外国籍を取得した者は日本国籍返上の届けを出した時点で国籍を失う、、、と理解して宜しいのでしょうか?

私は14年間も届けを出していませんでしたが、単に忘れていたと言うことで宜しいですか?本当は個人的にいろいろな事態が重なり合って、国籍の事は正直二の次になっていたのです。

”虚偽の記載”ですが、パスポート申請時に外国籍があるか否かを記す欄があります。当初にも記させて頂きましたが、私の認識不足から、外国籍は 無いと言うことで更新手続きをしておりました。この点も”虚偽の記載”にはならず問題ないですか?

本当に何度も申し訳ございません。宜しくお願い致します。

質問者: 返答済み 3 年 前.

先生、

再三の質問で恐縮ですが、お返事頂戴できれば幸いです。

宜しくお願いいたします。

申し訳ありませんでした。システム上のトラブルか、ご質問を戴いた連絡が来ておりませんでした。
日本国籍を明らかに返上した後でなければ、旅券を詐欺的に取得したことにはなりませんので、この14年間の間に、旅券を取得したことは詐欺的に取得したことにはなりません。
また、国籍を持っておられる方が、旅券申請時の書類に小さな間違い(外国の籍も同時に持っていることを開示しなかった)を犯したことくらいでは、処罰されません。本来この質問は、「日本は二重国籍を禁止していますので(処罰はありません)、国籍を選択してくださいね」という会話のきっかけをつかむためのものです。
どうかご心配されないでください。
奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.

先生、

何度もお時間を取らせてしまい申し訳ございませんでした。

これで安心して領事館に出向くことが出来ます。

本当に有難うございました。

是非、評価をお願いしますね。
奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.

先生、

既に一度評価 (大満足)をさせて頂いていますが、再び評価するのでしょうか?

そうですよね。。。
おかしいですね、システム上、評価していない状態になっております。運営側に聞いて見ますね。
お返事はいただかなくて結構です。
ありがとうございました。
奥山

法律 についての関連する質問