JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5135
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

携帯の名義が妻で、夫所有の携帯電話のデータを勝手に知人に流したら罪になりますか? ちなみに現在離婚調停中です。夫の

ユーザー評価:

携帯の名義が妻で、夫所有の携帯電話のデータを勝手に知人に流したら罪になりますか?
ちなみに現在離婚調停中です。夫の携帯を名義が妻にあるからと取り上げています

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます

まず、携帯電話の名義人とは契約者と言うことでしょうか、それとも、利用料金を支払って

いると言う意味でしょうか?

基本的に、契約者が所有者でないと、名義貸しと言うことで

「携帯電話不正防止法」違反になる可能性もございます。

現時点では、罰則はありませんが、その電話が、振り込め詐欺などの特殊詐欺に

利用された場合は、詐欺の幇助罪や被害者からの損害賠償請求の対象となります。

とは言え、今回のケースはそのようなことはありませんが

一応、個人情報としてのデータの開示は、契約者でしか出来ないことになっています。

それは、夫婦だろうが親子だろうが変わりません。

今回は、契約者が奥様で使用者がご主人様と言うことのようですから微妙なところです。

名義人が異なる場合、携帯電話のキャリアーの承諾を得ないといけません。

そう言う、意味では、前提が厳しいところです。

多分、携帯電話による浮気の問題などの調査をされているのではないでしょうか。

現在は、昔と違って、携帯電話でのメールのやり取りも裁判上の不貞行為の証拠に

なるので、ご注意が必要です。

それと、今回のことが不法行為にあたるとしても、民事の証拠は、不法行為に基づくものでも

裁判上は有効であると言うことです。

では、ご主人様のプライバシー侵害の問題はどうなるかと申しますと

そのデータの漏洩によって、ご主人様が何らかの損害を負った場合に

損害賠償請求が出来ます。

それが、名誉棄損罪にあたれば、刑事告訴も可能であり

民事での名誉毀損における損害賠償請求もあり得ます。

例えば、それが浮気の事実で、そのことが故意に第三者に漏洩すれば

名誉棄損罪も成り立ちます。

名誉棄損罪は、公然と不特定多数に事実を指摘して、ご主人様を誹謗中傷して

社会的信用を棄損した場合に成立します。

親告罪ですが、刑事告訴は可能です。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。浮気の証拠として提出されるのは当然だと思います。が、女性からのメールの内容や写真を第三者に送っています、この場合損害賠償はいくらの請求が出きるのでしょうか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。浮気の証拠として提出されるのは当然だと思います。が、女性からのメールの内容や写真を第三者に送っています、この場合損害賠償はいくらの請求が出きるのでしょうか?

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

浮気の証拠となると、かなり表に出ると困る内容だと思いますので

名誉棄損罪は、あり得ます。

精神的な苦痛としての慰謝料や謝罪等も含めて

一般的には、50万円~200万円と言うのはあります。

もちろん、相手の女性の方も被害者と言うことになり、その方も請求は可能です。

奥様が要求する慰謝料と相殺する形もあるかもしれません。

※厳密には、慰謝料の相殺は出来ませんが、そのような形もあり得ると言うことです。

また、不貞行為は、民事で単なる不法行為ですが、名誉棄損罪は刑事事件でも

ありますから、刑事告訴もできる訳で、そうなると、奥様も困るでしょう。

法律 についての関連する質問