JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5133
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

9月28日土曜日に突然、出産のため実家に帰っていた妻とその父親が訪問してきて 離婚したいと告げてきました。 それ

ユーザー評価:

9月28日土曜日に突然、出産のため実家に帰っていた妻 とその父親が訪問してきて
離婚したいと告げてきました。
それまで一切そのような話は無く、まさに霹靂です。
私は、今後どうするかを話し合う機会が欲しいと告げ、10月6日日曜に再度話し合うことになりました。

しかしながら、妻が帰った後に妻の部屋を見ると、タンスの中身やクローゼット、靴などの一切を持っていっており
(ただし、タンスの上に飾ってあるものなど、目に見えるところにあるものはすべてそのままです)
さらに、冷蔵庫や洗濯機を30日(月曜日)に取りに行く手配をしたとのことです。さらには、既に新居を仮契約して
そちらに移すとのことです。

このような場合、実質的に別居状態と見なすのでしょうか?
その場合、私としては、「妻及びその家族をまずは家に勝手に入れないようにしたいです。」
玄関のカギはホテルのようなカードリーダー式のため、そう簡単に新しいものと交換できそうにありません。

また、離婚に応じないとした場合、別居の妻の住居費用などは私が支払う必要性があるのでしょうか?

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

前半部分の内容は、もう一つの質問と重なりますので

そちらの方で、ご回答させていただきました。

持ち物を持ち出されたり、勝手に入ることを阻止するのは難しいと言うことです。

別居についてご説明しますと、先方が、何らかの理由をもって出ていくのであれば

悪意の遺棄とはなりませんが、今回のお話では、ご相談者様が身に覚えが

無いような感じに思えます。

そうなると、悪意の遺棄の可能性もあり、裁判上の有責となり、有責配偶者からの

離婚要請は原則できません。ただし例外があり、それが別居実績です。

多分奥様は、ご相談者様とは性格の不一致か何かを訴えるかもしれませんが

妊娠中や産後の鬱などの問題があり、そのことをご相談者様のせいにしようと

言うこともあります。

いずれにしろ、市役所に「離婚届の不受理の届」を必ず提出しておいて下さい。

これを提出すれば、性格の不一致などでは、家庭裁判所の調停になっても

ご相談者様が、離婚に合意しなけれな離婚はできません。

離婚調停になったとき、これを出してないと離婚の意思ありと判断されることもあるので

早目にご提出ください。

多分、奥様は、今後、離婚条件の提示をしてくるでしょうが、応じないで良いと思います。

その後は、家庭裁判所の調停の呼出が来る可能性がありますが

ご相談者様に有責性がなけれな問題はありませんが

別居中は婚姻費用を支払わないといけません。

婚姻費用は、前年度の年収で算定表で決まっております。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。


私には妻の行為は悪意の遺棄に該当すると感じています。


この場合、離婚に応じる場合には、これを理由に養育費の交渉で有利にたてますでしょうか?(妻に離婚してもよいと伝えました)


面会交流権について、妻の性格上、「子供が嫌がっている」と長期に渡りいって絶対に認めないと想像されるのです。


私は現在年収650万(税引前)程度で、子供0歳が1人、妻はお産を気に会社を辞めています。この場合大よそ6~8万円/月が算定表の相場になっているようです。長期的に妻とのわだかまりなど溶けた場合に増額もありえますが、現在はあまりに一方的過ぎるので何とかして額を押さえたいです。


 

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のお話から、少し見えてきました。

悪意の遺棄の証明は難しく、奥様側に何らかの理由があれば争うところです。

養育費は、お子様のもので、離婚等の交渉には使えない別個のものです。

そこは、面会交渉にも影響は及ぼしません。お子様に会わせないから養育費を支払わないのは

認められません。

ただし、調停等になれば、月1回は最低会せるように指導はされます。

また、正当な理由のない面会交流の拒否は認められません。

慰謝料請求の対象になります。

判例では、500万円があります。

それと養育費は離婚時に決めても要件によって増減が可能な債権債務になります。

また、何かございましたらお気軽にご相談下さい。

(新規投稿をしていただくことになります)

よろしくお願い致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.


お忙しい中ありがとうございました。


また、ご相談させていただこうと思います。

こちらこそよろしくお願い致します。

このサイトのシステムで一度評価いただいたご質問は、再度評価しても

専門家に追加での報酬額は支払われませんので

次回質問があれば、新規でお願い致します。

法律 についての関連する質問