ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 16583
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

3階建マンションのオーナーですが、先日給水管の破損で、2階の賃借人の住居の一部屋が水浸しになり、床天井壁の補修をすること

ユーザー評価:

3階建マンションのオーナーですが、先日給水管の破損で、2階の賃借人の住居の一部屋が水浸しになり、床天井壁の補修をすることになりました。賃借人はエアコンの交換を要求していますが、これは15年前に、その前の賃借人がおいていったもので、今はほとんど使用していないようです。契約書にエアコンの記載はありません。ただ非はこちらにあるので、エアコンについては、賃借人に購入してもらい、退去の際、使用年数分減額した金額をお返しする、または消耗品なので、半額負担してもらう,等の提案は問題ないでしょうか?
身勝手な質問、どうぞお許しください。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
こちらは『一問一答式の質問サイト』となっております。
ご質問内容、拝見させて頂きました。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合はお気になさらないでください)

一般に「残置物」といわれている物は、従前の借主がその所有権を放棄したものであり、それを占有している貸主がその物を次の借主に使わせる(処分する)ということは貸主がその物の所有権を取得しているものと考えることができます(民法第239条)。

建物賃貸借契約における建物の修繕義務は、原則として貸主にあります(民法第606条)。

しかし、エアコンを「設備」として部屋と一緒に賃借人へ貸し出す旨の契約が成されていない状況であれば、借主が修理義務を負うことになります。

ゆえに、

「エアコンについては、賃借人に購入してもらい、退去の際、使用年数分減額した金額をお返しする、または消耗品なので、半額負担してもらう,等の提案」

を行うことに特段の問題はないと思量します。

ito-gyoseiをはじめその他2 名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
36805;速丁寧なご回答ありがとうございます!あれこれ悩んでおりましたので、明快なご回答いただいて、とてもうれしい限りです。自信をもって、賃借人の方と交渉ができそうです。本当にありがとうございました。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。
また何かありましたら再度トップページから新規投稿でお声掛けください。
その際に回答者としてご指名を頂くか、質問タイトルに『ito-gyosei宛』とご記載頂けば、引き続き小職がご対応させて頂きます。
ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問