ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
弁護士のエイティに今すぐ質問する
弁護士のエイティ
弁護士のエイティ, 弁護士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 835
経験:  弁護士
108532725
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
弁護士のエイティがオンラインで質問受付中

土地の賃貸借契約書について, 30年になっています

ユーザー評価:

土地の賃貸借契約書について
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 30年になっています 賃貸人が亡くなって契約書の名義変更がなされていない場合の契約は有効か無効か  賃貸人はわたしの両親で私は賃借人から賃料はもらっていません  東京都
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ありません

はじめまして、弁護士のエイティと申します。

賃貸人の地位は、相続によって当然に引き継がれます。契約書の名義変更は特に必要ありません。

従って、ご相談者様は賃貸人として、これまでの未払いの賃料を請求することができますし、今後の賃料も自分に払うように賃借人に求めることができます。

これで頂いたご質問へのお答えになっておりますでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

弁護士のエイティをはじめその他3 名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 17 日 前.
29238;親からの相続の土地で弟と共有で持っていましたが弟が土地の自分の持ち分を売ってしまいました
買った業者が私が所有している土地の購入したいとの事、但し共有でもっていた土地に弟名義の会社の家が建っており底地での値段での購入を希望 弟からは土地家屋を売るという話はありませんでした 共有の土地の場合は地主の許可はいらないのでしょうか いろいろと弟とはもめているので

土地の持分は、他の持分権者の同意や許可なしに、売却することができます。

おそらく第三者とご相談者様との共有を続けるのも面倒だと思いますので、弟さんの会社と、今回弟さん名義の持分を買った第三者とで、高い値段をつける方にお売りになるのがよろしいのではないでしょうか。

ご評価ありがとうございました。

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問