ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 2720
経験:  dasdasd
84237273
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

貸室賃貸契約書について、連帯保証人変更トラブル) 以前に相談した大家とのトラブルについて弁護士さんにお伺いします。

ユーザー評価:

貸室賃貸契約書について、連帯保証人変更トラブル)以前に相談した大家とのトラブルについて弁護士さんにお伺いします。現在、都内のある場所に2010年9月4日から事務所を借り現在に至ります。
2年毎の自動更新で、2020年9月30日付けで終了となります。大家から突然、8月1日に「自動更新をする場合は連帯保証人を変えてください」と
口頭で言われました。私は、遅延・トラブルも一切なく、「今まで自動更新で借りて来たので、
現行の契約でお願いします」と言いましたが、貸主から「コロナ不況で不安である」と言われました。
貸主からは「連帯保証人を変えるか、家賃保証会社に変更」のどちらかにしないと
自動更新はしないと言われました。私は連帯保証人変更及び家賃保証会社は保証費用が高いので断りました。■貸室賃貸契約書の第2条1項(解約)は以下の通り
本契約を解約しょうとするときは、期間満了時及び期間途中にかかわらず、貸主は
6か月前、借主は3ヶ月前までに相手方に書面により予告することにより解約することができる。■貸室賃貸契約書の第22条(連帯保証人)は以下の通り
保証人は、本契約に基づく借主の債務を借主と連帯して履行する責任を負う。
保証人が貸主の定める保証能力を失った時、借主は直ちに貸主の承認する
新しい保証人を依嘱するものとする。又、更新後の契約についても同様とする。相談内容
1、 貸主からの連帯保証人変更要求は特段の事情に該当するか?2、 貸室賃貸契約書の期間満了日は9月30日まで。
6ヶ月前の3月30日までに貸主から書面予告で帯保証人変更願いを受け取っていない。
よって自動更新はされていると考えますが
「第2条1項で期間途中にかかわらず貸主は解約できるとなっております」が、解約可能になるのでしょうか。
たとえば、10月10日に解約予告を書面で受け取った場合に4月9日までに
退去しないといけないのでしょうか?3、 貸主から強制退去を命じられた場合に立ち退き料を請求できるか?4、連帯保証人は私です。会社の代表者です。
但し、私は破産や遅延もないので第22条の貸主の定める保証能力を失っておりませんが、
連帯保証人を変更する義務は生じますか?以上、宜しくお願いします。
質問者: 返答済み 20 日 前.
36024;室賃貸契約書について、連帯保証人変更トラブル)以前に相談した大家とのトラブルについてお伺いします。現在、都内のある場所に2010年9月4日から事務所を借り現在に至ります。
2年毎の自動更新で、2020年9月30日付けで終了となります。大家から突然、8月1日に「自動更新をする場合は連帯保証人を変えてください」と
口頭で言われました。私は、遅延・トラブルも一切なく、「今まで自動更新で借りて来たので、
現行の契約でお願いします」と言いましたが、貸主から「コロナ不況で不安である」と言われました。
貸主からは「連帯保証人を変えるか、家賃保証会社に変更」のどちらかにしないと
自動更新はしないと言われました。私は連帯保証人変更及び家賃保証会社は保証費用が高いので断りました。■貸室賃貸契約書の第2条1項(解約)は以下の通り
本契約を解約しょうとするときは、期間満了時及び期間途中にかかわらず、貸主は
6か月前、借主は3ヶ月前までに相手方に書面により予告することにより解約することができる。■貸室賃貸契約書の第22条(連帯保証人)は以下の通り
保証人は、本契約に基づく借主の債務を借主と連帯して履行する責任を負う。
保証人が貸主の定める保証能力を失った時、借主は直ちに貸主の承認する
新しい保証人を依嘱するものとする。又、更新後の契約についても同様とする。相談内容
1、 貸主からの連帯保証人変更要求は特段の事情に該当するか?2、 貸室賃貸契約書の期間満了日は9月30日まで。
6ヶ月前の3月30日までに貸主から書面予告で帯保証人変更願いを受け取っていない。
  よって自動更新はされていると考えますが
「第2条1項で期間途中にかかわらず貸主は解約できるとなっております」が、解約可能になるのでしょうか。
たとえば、10月10日に解約予告を書面で受け取った場合に4月9日までに
退去しないといけないのでしょうか?3、 貸主から強制退去を命じられた場合に立ち退き料を請求できるか?4、連帯保証人は私です。会社の代表者です。
 但し、私は破産や遅延もないので第22条の貸主の定める保証能力を失っておりませんが、
連帯保証人を変更する義務は生じますか?以上、宜しくお願いします。(貸室賃貸契約書について、連帯保証人変更トラブル)以前に相談した大家とのトラブルについてお伺いします。現在、都内のある場所に2010年9月4日から事務所を借り現在に至ります。
2年毎の自動更新で、2020年9月30日付けで終了となります。大家から突然、8月1日に「自動更新をする場合は連帯保証人を変えてください」と
口頭で言われました。私は、遅延・トラブルも一切なく、「今まで自動更新で借りて来たので、
現行の契約でお願いします」と言いましたが、貸主から「コロナ不況で不安である」と言われました。
貸主からは「連帯保証人を変えるか、家賃保証会社に変更」のどちらかにしないと
自動更新はしないと言われました。私は連帯保証人変更及び家賃保証会社は保証費用が高いので断りました。■貸室賃貸契約書の第2条1項(解約)は以下の通り
本契約を解約しょうとするときは、期間満了時及び期間途中にかかわらず、貸主は
6か月前、借主は3ヶ月前までに相手方に書面により予告することにより解約することができる。■貸室賃貸契約書の第22条(連帯保証人)は以下の通り
保証人は、本契約に基づく借主の債務を借主と連帯して履行する責任を負う。
保証人が貸主の定める保証能力を失った時、借主は直ちに貸主の承認する
新しい保証人を依嘱するものとする。又、更新後の契約についても同様とする。相談内容
1、 貸主からの連帯保証人変更要求は特段の事情に該当するか?2、 貸室賃貸契約書の期間満了日は9月30日まで。
6ヶ月前の3月30日までに貸主から書面予告で帯保証人変更願いを受け取っていない。
  よって自動更新はされていると考えますが
「第2条1項で期間途中にかかわらず貸主は解約できるとなっております」が、解約可能になるのでしょうか。
たとえば、10月10日に解約予告を書面で受け取った場合に4月9日までに
退去しないといけないのでしょうか?3、 貸主から強制退去を命じられた場合に立ち退き料を請求できるか?4、連帯保証人は私です。会社の代表者です。
 但し、私は破産や遅延もないので第22条の貸主の定める保証能力を失っておりませんが、
連帯保証人を変更する義務は生じますか?以上、宜しくお願いします。
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート(***@******.***) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。

弁護士のkhyh1709といいます。よろしくお願いいたします。

ご質問に順に回答させていただきます。

1については、それだけでは特段の事情とはいえないでしょう。解約と保証人の変更とは本来は別に考えられるべきものです。

2について、貸主からの解約申入れは6か月前となっていますから、その期間を守れば解約可能とはなります。

3については、6か月をみたしていない場合に、立ち退き料をもらうことでその期間が補完されることになりますから、

本件では立ち退き料の請求が可能だといえます。

4についてが本件でもっとも問題だと思いますが、保証人を変えろ、というのはまさに信用についての問題、

保証能力がどうかという問題で、この信用状態に変わりがなければそもそもこの変更要求さえ認められない、ということになります。

コロナで不安だ、と書かれていましたが、このコロナを理由として契約を解約しようとしても、

法的にはコロナを理由とすることは正当な理由にならない、と考えられます。

したがいまして、本件では変更義務はないし、だから解約も正当理由がない、となります。

そうではあるものの、

仮に立ち退き料をもらって退去するというのなら、それはそれでひとつの解決ではあります。

khyh1709, 弁護士
満足したユーザー: 2720
経験: dasdasd
khyh1709をはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 17 日 前.
9632;貸室賃貸契約書の第2条1項(解約)は以下の通り
本契約を解約しょうとするときは、期間満了時及び期間途中にかかわらず、貸主は
6か月前、借主は3ヶ月前までに相手方に書面により予告することにより解約することができる。
となっておりますので、たとえば、10月10日に解約予告を書面で受け取った場合に4月9日までに
退去しないといけないのでしょうか?
質問者: 返答済み 17 日 前.
22823;家の解約理由は保証人変更です。
質問者: 返答済み 17 日 前.
20107;務所の場合に、大家から途中解約は6ヶ月前で、特段の事情がなくても解約になり、強制退去になりますか?
また、立退き料も請求できませんか?

退去時期はそういうことになりますね。

それ以前に立ち退きを求められたら、正当な理由が必要なので、立ち退き料の請求ができます。

6か月後なら、立ち退く準備期間、猶予期間があるので、あわせて立ち退き料、というのは難しいのではないかと思います。

khyh1709, 弁護士
満足したユーザー: 2720
経験: dasdasd
khyh1709をはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 16 日 前.
26377;難うございます。

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問