ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonds-gyoseiに今すぐ質問する
bonds-gyosei
bonds-gyosei,
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 1452
経験:  H30年 行政書士事務所開業
107885659
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
bonds-gyoseiがオンラインで質問受付中

テナント貸しの店舗を借りたら漏水しました、原因は雨が激しく風がすごいと店舗壁面のガラリ(自然給気口)から侵入します、その

ユーザー評価:

テナント貸しの店舗を借りたら漏水しました、原因は雨が激しく風がすごいと店舗壁面のガラリ(自然給気口)から侵入します、その為、ビル管理会社に伝えた所、元々はガラリの内壁があったのを御社が壊して店舗を作ったからです、と返されました、
この場合の責任の所在はどちらになりますでしょうか?貸してる側のビル管理が全責任を取る必要があると思うのですが?
ちなみに契約書には詳細は無く一般的なテナント契約しかないです、

はじめまして、分かる範囲で対応させていただきます。原則論として、民法では「賃借人の収益に必要な建物の修繕の義務」は、賃借人(借りた人)ではなく、賃貸人(貸した人)にあると定められています。よって、テナントに雨漏りが生じた場合、その修繕費用は賃借人が支払うのが原則です。ただしこれは任意規定と解釈されているため、賃貸人と賃借人との間に契約上の特別な規定(修繕は賃借人が支払う等)があれば、双方で交わした契約内容が優先されるでしょう。ですから今回テナント等で雨漏り被害があった場合、原則として、そのテナントの修繕費や商品弁償代、休業中の純利益等を、賃貸人は賃借人に対して補償しなければなりません。契約書に取り決めがないのなら一般論のこちらを原則としていきます。

bonds-gyoseiをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問