ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 2618
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

賃貸物件の入居前クリーニング(素人掃除?)がされてないまま特に天井埋め込みエアコンは羽にカビがついてるまま、入居引渡しさ

ユーザー評価:

賃貸物件の入居前クリーニング(素人掃除?)がされてないまま特に天井埋め込みエアコンは羽にカビがついてるまま、入居引渡しされそうです。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 大阪府です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: この賃貸契約に関してA仲介業者とB仲介業者、管理管理の3社関わっており、はじめにA仲介業者からいろいろ説明を受けており、それを鵜呑みにしてました。A仲介業者は重説前に振込要求してきたため、不信感だらけでキャンセルし、B仲介業者に変えました。
質問者: 返答済み 15 日 前.
20837;居前クリーニングはA仲介業者から、もちろんクリーニングは入ると聞いてました。エアコン、お風呂もサビあと、壁紙も黒くなったまま…。管理会社には現況でお渡しです。エアコンのクリーニングはしません。と契約金支払い後に言われました。こちらが入居できないと家なしになるので、泣き寝入りするしかないのでしょうか。殺菌消毒費用も不要ならキャンセルできると聞いていたのに、管理会社はできないという。
火災保険もプラン変更できないというし、いろいろおかしいと思うところはありますが、入居引渡しが迫っているため私個人ではどうしようもないのです…。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

当サイトは『一問一答式の質問サイト』であり、ひとつの質問に対しての回答に画面上部の星マークでご評価を頂くシステムとなっております。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

賃貸人は、賃借人から賃料を徴収するにあたり、賃借人が平穏に生活できるような配慮や設備を整えることを求められ、これを怠った場合は賃借人に対しての契約不履行となります。

また、賃貸人は部屋を貸す場合、借主が部屋や設備をきちんと使えるように修繕をする義務を負っています(民法第606条1項)。

よって、通常の修繕費は賃貸人が負担すべきものであり、借主がこれを立替えた場合は直ちに償還してもらうことができます(同第608条1項)。

『民法第606条1項:[賃貸物の修繕等]

賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う。

民法第608条1項:[賃借人による費用の償還請求]

賃借人は、賃借物について賃貸人の負担に属する必要費を支出したときは、賃貸人に対し、直ちにその償還を請求することができる。』

まだ入居前にも関わらずご相談の状況では、いくらなんでも安心して入居できませんよね。

下記は賃貸住宅でのトラブルの際に相談するところです。

もし管理会社及び大家が現状のまま納得の行く対応をしなかった場合、こちらにご相談してみてはいかがでしょうか。

賃貸人側に適切な指導をして貰えるやも知れません。

ご一考ください。

全日本不動産協会大阪府本部↓

https://osakahonbu.zennichi.or.jp/

大阪府都市住居課↓

http://www.pref.osaka.lg.jp/jumachi/

日本賃貸住宅管理協会

https://www.jpm.jp/

質問者: 返答済み 15 日 前.
20837;居前に、写真は撮って入居後にクリーニング代請求とかできますでしょうか?

ご返信、ありがとうございます。

『通常の修繕費は賃貸人が負担すべきものであり、借主がこれを立替えた場合は直ちに償還してもらうことができる(同第608条1項)。』

この条文から言えば、当然に請求可能です。

ですが、立て替え払いから請求、回収に至るまで、やはり手間は掛かります。

入居前にきちんと義務を履行させるのが一番かと存じます。

上記の苦情窓口の前に、まずは、お住まいの地域の『消費生活センター』へご相談なさってみてはいかがでしょう。

消費生活センターでは様々な消費者トラブルの対応に加え、必要であれば職員が直接、相手業者と交渉も行ってくれます。

局番なしの『188』です。

対応はここが一番、早いかも知れません。

ぜひ、ご一考ください。

消費生活センター↓

http://www.kokusen.go.jp/map/

ito-gyoseiをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 15 日 前.
12354;りがとうございます。ただ、入居も契約書もかなりギリギリでクリーニングが間に合わないかもしれないです。クリーニング後にチェックできないまま入居となってしまいそうです。一度、相談してみます。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。

「時間との戦い」ですね。

まずは明日の早い内にでも、消費生活センターへご相談ください。

いよいよ間に会わなければ、業者に見積もりを取らせた段階で管理会社へ通告、それからクリーニングへ取り掛かってください。

おっしゃっていた写真撮影も“必須”です。

尚、トライアル会員期間7日間は最初の500円でサイトトップページから何回も質問の新規投稿が可能です。

また何かありましたらお声掛けください。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

質問者: 返答済み 15 日 前.
12362;世話になります。仲介業者から確認してほしいと言われました。下記の内容です。修繕と清掃はニュアンスが違うようにも思います。
設備が使えないのは修繕という解釈かなとは思うのですが、 清掃という部分に関しては必須という事はおそらくないのではないかと思います。
清掃しないままですと、最初は業者から聞いていたら、契約も考えました。2台も天井埋め込みエアコンあるのかと当初から懸念していました。

Q:修繕と清掃はニュアンスが違うようにも思います。

A:責任逃れも甚だしい、設備を整えて入居者に引き渡すのが義務です。

「“清掃しないままです”と、最初は業者から聞いていたら、契約しなかった。応じないのであれば、法的手段を以て、解約及び全額の返金と転居費用を請求する」

と通告して宜しいかと存じます。

質問者: 返答済み 15 日 前.
20210;介業者に回答を送ってみます。

添付した相談窓口へご相談なさった結果はいかがでしかた?

それも同時に、添えて送ってあげてください。

適切な対応を望めるかと存じます。

頑張ってください。

質問者: 返答済み 15 日 前.
12371;ちらのB仲介業者さんは、まだ対応が良かったのですが、この前に契約しようとしていたA仲介業者に清掃は入ると聞いていたため面倒なことになっているようで、B仲介業者から参考のために聞いてほしいと言われました。下記です。
法律の文言でそういった事が書かれている所があれば教えて欲しい
もしくは 判例で そういう判決があるという事であれば教えて欲しい清掃しないままです。事を言ってないという事であれば。 清掃します。という事もいってないという事になるとは思います。今の文章だと ただの弁護士の見解としか見受けられません。屁理屈に聞こえるかもしれませんが、今後の仕事の参考としてどういった言い分になるのか知りたいという所です。

『契約不適合責任』

契約不適合責任とは、契約において、商品に品質不良や品物違い、数量不足などの不備があった場合に、売主が買主に対して負う責任のことです。

改正民法の条文上、「目的物が種類、品質又は数量に関して契約の内容に適合しないものであるとき」に発生する責任であることから、「契約不適合責任」と呼ばれています。

(民法改正前は、瑕疵担保責任と呼ばれていました)

ご相談の件は、商品が契約で予定されていた品質の基準を満たしていなかった場合に適用される品質に関する契約不適合となります。

改正民法に基づき請求できる内容は、引き渡した商品の修理の請求(修補請求)、または不具合がない商品の引渡しの請求(代替品の引渡請求)、解約となり、また、損害賠償請求損害が発生した場合は損害賠償請求が可能となります。

これはご相談者様にご質問なのですが、消費生活センター及び貼付3ヶ所にご相談なさった結果はいかがだったでしょうか。

こちらは「質問サイト」であり、通常案件のように「着手金を貰い、案件終結まで責任を以て寄り添う」「ひとつの事案に対して次々と涌き出る疑問を徹底的に解決する」というシステムではないため、まずは、ご紹介した機関に問い合わせ、それを以て業者に対応して頂きたく存じます。

質問者: 返答済み 15 日 前.
30003;し訳ありません。相談窓口には多忙のため、まだ電話できておりません。

ぜひご自身で、やれるだけのことを頑張ってみてください。

すべてやって、それでも駄目なら民調調停での協議となります。

その際はまた、ご質問頂ければと存じます。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12431;かりました。ご丁寧にありがとうございました。

どうしても相手方が応じない場合は、民事調停で解決を図ります

調停は、必ずしも弁護士へ依頼することを必要とせず、中立の立場の調停員が双方の主張を聞き、過去の判例に沿った案を提示してくれます。

その場で協議した結果は全て『調停調書』に記載され、判決に準ずる効果を持ちます。

また、費用もご自分で申し立てをすれば収入印紙と切手代の数千円で済み、書類の書き方などは裁判所で丁寧に教えてくれます。

民事調停をご存知ですか(裁判所)

https://www.courts.go.jp/saiban/wadai/1806minzi/index.html

ここまですることも辞さない覚悟であると相手方業者へ伝えれば、あるいは譲歩するかもしれません。

頑張ってください。

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問