ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 2571
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

賃貸マンションに住んでいる物です。

ユーザー評価:

賃貸マンションに住んでいる物です。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 群馬県高崎市です。玄関のカギのトラブルがありました。緊急だったので管理会社に電話せず、直接カギの修理をしてもらいました。原因は経年劣化によるものです。
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 費用はこちらで払い、後日請求しようと管理会社に電話したのですが、管理会社からは大家を通してないので、支払えないと言っています。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

当サイトは『トライアル会員初回500円、一問一答式の質問サイト』であり、ひとつの質問に対しての回答に画面上部の星マークでご評価を頂き終了とし、また次の質問をサイトトップページから新たに新規投稿して頂くシステムとなっております。

(トライアル会員期間7日間は、最初の500円でサイトトップページから何回も質問の新規投稿が可能です)

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

(回答を作成し送信します。少々お待ち頂けますようお願い申し上げます)

賃貸人は部屋を貸す場合、借主が部屋や設備をきちんと使えるように修繕をする義務を負っています(民法第606条1項)。

よって、通常の修繕費は賃貸人が負担すべきものであり、借主がこれを立替えた場合は直ちに償還してもらうことができます(同第608条1項)。

民法第606条1項:[賃貸物の修繕等]

賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う。

民法第608条1項:[賃借人による費用の償還請求]

賃借人は、賃借物について賃貸人の負担に属する必要費を支出したときは、賃貸人に対し、直ちにその償還を請求することができる。

(まだ回答が続きます)

下記は賃貸住宅でのトラブルの際に相談するところです。

もし管理会社及び大家が納得の行く対応をしなかった場合、こちらにご相談してみてはいかがでしょうか。

ご一考ください。

全日本不動産協会群馬県本部↓

https://gunma.zennichi.or.jp/

群馬県住宅政策課↓

https://www.pref.gunma.jp/07/bi0100002.html

日本賃貸住宅管理協会

https://www.jpm.jp/

ito-gyoseiをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

ご質問、ありがとうございました。

尚、当サイトは『一問一答式の質問サイト』ですが、トライアル会員期間7日間は、最初の500円でサイトトップページから何回も質問の新規投稿が可能です。

また何かありましたらお声掛けください。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問