JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 1707
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

本日から賃貸マンションを契約しております。昨日鍵を受け取りましたが、使い古されたものでした。

ユーザー評価:

本日から賃貸マンションを契約しております。昨日鍵を受け取りましたが、使い古されたものでした。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 兵庫県です。管理会社に聞いたところ、鍵交換代の2万2千円はオーナーに払っているもので、使い回ししているが安全だと言われました。
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 100%安全でないのに我慢するしかないのでしょうか?

初めまして、ito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

賃貸物件の契約時に初期費用として、鍵交換費用を請求されることは少なくありません。

質問に「鍵交換代の2万2千円はオーナーに払っている」と記載されていますが、これは入居に際してご相談者様が支払済みと解釈してよろしいのでしょうか。

そうであれば“当然に”管理会社及び大家に対し、鍵の交換を求めることができます。

もし過去にその賃貸物件に住んでいた人が鍵を複製して持っていた場合など、盗難などの犯罪に合う可能性もあります。

因みに、国土交通省では賃貸契約のトラブルを防止するために、「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を定めていますが、この中では鍵の交換は本来、貸す側が負担することが妥当であるという趣旨のことを記載しています。

ですが実際は借主に負担させている例が多いのが実情ですが、鍵交換代を徴収しておきながら交換すらしないのは契約に対する不履行以外のなにものでもありません。

再度管理会社へ鍵の交換を催促し、どうしても交換しないというのであれば、支払い済みの鍵交換代を返金するよう要求し、そのお金で自分で交換しましょう。

管理会社が「使い回ししているが安全だ」などという曖昧な返答で逃げようとするのであれば、「では、万が一、盗難などの被害に遭った際は、管理会社の責任において全額を弁済する」旨の誓約書を書いて欲しいと要求してみてください。

そうすれば管理会社も、何某かの対応を余儀なくされるはずです。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12372;回答ありがとうございます。鍵交換代は初期費用の中に入っており、支払い済みです。鍵は古いがシリンダーは交換している、などと言われたのですがよく分かりません。新品にしたければ自己負担でとして下さいと言われました。
また、交換代の返却を求めても管理会社が受け取ってる訳ではないから返却できないそうです。

ご返信、ありがとうございます。

鍵とシリンダーは“対”を成しており(要はセット)、シリンダーのみを交換し古い鍵を使用し続けることは不可能です。

下記参照↓

https://sq.jbr.co.jp/library/672

管理会社へ、

「本当にシリンダーを交換したならその領収書を見せろ、それも出来ないならどこの鍵屋へ依頼したか教えろ、自分で確認する」
と、伝えてみてください。

管理会社が鍵交換代金を受け取っている訳ではないから返却できないと言うのであれば、管理会社が大家へ、返却するよう言えばいいだけのことです。

全く“管理”する気がない会社ですね。

最後に、

「お宅(管理会社)の言葉にひとつでも嘘があれば、大家に対して少額請求訴訟を起こす。それで構いませんね?」

と告げてみてください。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12392;ても参考になりました。
大手の管理会社なのに私も驚いています。
教えていただいたように話してみます。
ありがとうございます。

こちらこそご質問、ありがとうございました。

尚、当サイトは『一問一答式の質問サイト』となっており、ひとつの質問に対して画面上部「評価する」ボタンの星マークでご評価を頂き終了した後、新しい質問をトップページから再び新規投稿して頂くシステムとなっております。

もし、管理会社が納得の行く対応をしなかった場合、今度は大家へ直接交渉となりますので、その際は改めてご質問を新規投稿ください。

もし小職をご指名頂ければ引き続きご対応させて頂きます。

(トライアル期間7日間は、何回も、サイトトップページから質問の新規投稿が可能です)

ご相談者様にとって万事いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問