ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 2586
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

昨年5月に解約した不動産物件の敷金が未だに返還されません。何度も催促しておりますが、先方に返還する気が無いようで困ってお

ユーザー評価:

昨年5月に解約した不動産物件の敷金が未だに返還されません。何度も催促しておりますが、先方に返還する気が無いようで困っております。尚、当方法人で、社宅として借りていた物件です。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 特にございません。
質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
12371;ちら契約書一覧になります
質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
12371;ちらがメールでのやり取りになっております
質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次のプレミアムサービスを希望していますが、ご提供いただけますか? サービス名:電話でのやり取り
質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
12418;う少し情報が必要な場合はその詳細をお知らせください。また別のプレミアムサービスをご提案いただければ、検討します。

初めまして、ito-gyoseiと申します。

ご相談内容、拝見させて頂きました。

お困りのご様子、心中お察し致します。

私で分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

添付資料、全て拝見させて頂きました。

相手方にも言い分がある様子ですが、それにしても対応が遅いと言うか、何か言い訳がましいと言うか。

既に弁護士先生を通じ少額請求訴訟を提訴してらっしゃるのでしょうか?

質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
12399;じめまして、若月と申します。
まだ少額訴訟はしておらず、これから内容証明や少額訴訟の手続きをしたいのですが、全く知識がなく困っている状況です。

ご丁寧なご挨拶及び返信、有り難うございます。

弁護士先生への正式なご依頼はまだしてらっしゃらないのですか?

質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
12414;だしておりません!可能でしたらこのサービスで対応していただければと思っている最中です。

かしこまりました。

返金を求める金額は敷金の35万円ということで宜しいでしょうか?

質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
24038;様です。どうぞよろしくお願いいたします!

有り難うございます。

弁護士に依頼すると着手金だけで10~20万円程度掛かってしまうかと思われるので、仮に満額返金されても費用倒れに終わってしまう可能性もあります。

(引き受けて頂けないこともあるかと)

内容証明郵便ですが、これも専門家へ依頼すると2~3万円、職印(押印)付きだと5万円程度掛かってしまうこともあります。

専門家の職印付きだと確かに一般の方がご自分で書くより受け取った側に与える心理的圧迫がありますが、それでも内容証明郵便に法的拘束力が無いと知っている人間は、平気で無視をします。

正直この相手側、内容証明郵便一通ですんなりと支払うか否か...

少額請求訴訟であればご自身で相手側の住所地を管轄する簡易裁判所へ提訴できます。

訴訟申立書は裁判所で書き方など丁寧に教えてくれます(これも専門家へ依頼すると3万円程度掛かります)。

またご存知かと思いますが少額請求訴訟は一日こっきりの即日結審、その日に判決を貰えます。

添付頂いた一通りの書類や過去のやり取りのメール、領収書等の証拠物を持参すれば、特段、弁護士先生へご依頼せずともご自身で挑めるかと存じます。

質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
35242;身になって相談に乗っていただいてありがとうございます。承知いたしました。簡易裁判所に出向いて、少額訴訟の手続きを進めていきたいと思います。ありがとうございました。

簡易裁判所でも色々と丁寧に教えてくれるかと存じます。

加えて、相手側はリフォーム代金やら何やら理由を付けて値切ろうとするのが予想されます。

上記物証以外に、ご自分側に何か有利になる材料があれば何でも構わないので訴訟の際に裁判所へご提示ください。

これは補足ですが、少額請求訴訟を申立てて受理されたら、その旨を相手に通告するのも一つの手です。

内容証明郵便ではなく通常のお手紙で充分です。

慌てて要求に応じ提訴を取り下げるよう頼んでくる被告も実際、少なくありません。

その際は、申立てに掛かった費用等は“当然に”相手側へ請求してください。

(事前に通告するか、相手に知らせずいきなり裁判所からの通知を受け取らせるか、どちらが良いかはご自身でご判断ください)

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

最後に画面星マークでご評価をお願い致します。

ご相談者様にとって万事いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問