JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 1450
経験:  dasdasd
84237273
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

駐車場のための土地賃貸借契約における損害賠償ついて質問です。

ユーザー評価:

駐車場のための土地賃貸借契約における損害賠償ついて質問です。
契約書を検討中なのですが、契約を解約した場合の定めが次の通りとなっています。借主が早期解約した場合のペナルティについての定めは書いてありません。・重大な債務不履行や相手方の破産等に基づく解除→損害賠償
・貸主が早期解約した場合、違約金として残契約月x○円を支払う(この違約金の数字の根拠は、駐車場開店に際して借主が支払った工事費です)契約書の文言がこのような場合に、次の通り理解していますが、正しい理解でしょうか?
Q1) 借主が早期解約したとき、貸主は、逸失利益(残契約月x賃料)+ 駐車場開店に際して貸主が支払った工事費(アスファルト舗装等)を損害賠償請求できる
Q2) 貸主が早期解約したとき、借主は、違約金(残契約月x○円)+ 駐車場開店に際して借主が支払った工事費(駐車場機材設置等)や宣伝費を損賠賠償請求できる宜しくお願い致します

回答させていただきます。弁護士のbhsy202といいます。よろしくお願いいたします。

ご質問の趣旨を理解していなかったらすみませんが,

借主が早期解約した場合のペナルティの規定はないのですよね?

そうすると,Q1のご質問については,借主が早期解約した場合の規定はないから,重大な債務不履行行などがない限りは損害賠償請求できない,となります。

Q2については,貸主が早期解約した場合の規定があるので,借主は残契約月×●円を請求できる,となります。契約書の文言からは,ここまでですね。それ以上に,工事費や宣伝費を請求したいと思うならば,これを契約書の規定に入れておくべきです。

早期解約の全てが,重大な債務不履行,とまではいえませんから,早期解約の際の違約金条項のなかに盛り込んでおくべきだと思います。

質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
12362;返事有難うございます。
ご説明不足でしたが、「早期解約できる」という規定がないという前提での質問でした。
この場合に契約終了と言われた場合、残りの賃料を貰えるのかと思っていましたが、そもそも解約権がないので、交渉して残りの賃料を貰えるのであれば合意解約すれば良いということになるのでしょうか。

早期解約できるという規定がない場合に,借主が解約の申入をしてきた,となると,

通常の賃貸借契約の解約申入として考えることになりますね。

もちろん,合意で解約するかどうか,ということになりますから,残りの賃料をもらえるなら合意解約する,

そういう交渉をされることはいいと思います。

質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
12354;りがとうございました。さ

こちらこそ,ありがとうございました。

さ,という記載で終わっていますが,

引き続きのご質問があるようでしたら,延長のご提案をしておきますので,ご利用ください。

khyh1709をはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問