ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 投資・資産運用
満足したユーザー: 1363
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職し経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 投資・資産運用 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

アドバイスよろしくお願いいたします。現みずほ信託銀行がバブル期に発売したスパーLLフリーローンという商品を父が営業を掛け

ユーザー評価:

アドバイスよろしくお願いいたします。現みずほ信託銀行がバブル期に発売したスパーLLフリーローンという商品を父が営業を掛けられ契約。対象は持ち家の老人。根抵当権の設定と極度額(設定額2200万円)範囲内で出し入れ自由、返済期限無しと言うものでした。利用額が1000万円を超え半年ごとの利息だけは自動引き落とし。返済用に入金しても利息がそれを上回り結果元本が増えまた利息額も増加となりました。そんな中突然この商品は廃止となるとの一方的な連絡、直ちに引き続き金額を確定し月々の定額返済に切り替えるとの通告で私が連帯保証人となりこの残債を定額返済となりました。平成15年11月5日にローン契約。当月より定額を私が連帯保証人として155回返済(全240回)しておりました所、平成28年11月に別件で銀行と連絡を取ったところ、父の事を聞かれ既に他界している旨伝えてしまいました。結果返済者は既に私になっていますが、手続きが必要とのことで一時返済は凍結指示待ちとのことでした。それから現在に至るまで半年になりますが、一月に一度くらいの連絡はあるものの、返済の再開は止まったままです。月々の返済分として同行の私の口座に入金をしております。私も一刻も早く返済完了を目指しており半年も遅延すると返済計画も狂ってくるので再会したいのですが、なぜ銀行は時間を掛けるのか納得いく説明も無く、利息計算だとか、本部とのやりとりだとかしか言ってもらえないので当方としてどのように対処して良いものか困っています。銀行の話では今ストップしている期間の遅延利息も掛かるとか言っています。このままいつまで待てば良いのか先が見えず連絡してしまいました。何か有効なアドバイス有れば、よろしくお願いいたします。

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

お父さまが亡くなられたことによる連帯保証人への債務振り替えを行うというよりは、債務を相続する手続きを取るべきでしょう。

根抵当権が打ち込まれている不動産の相続手続きは住んでいますか? 銀行には債務の相続手続きをしたいと申し出ましょう。

支払いが止まっても極度額になるまでは銀行は損しません。銀行の支店に出向くなどして早急な相続手続きの実施を求めましょう。

質問者: 返答済み 3 年 前.
35299;答ありがとうございます。お尋ねの不動産の名義はまだ私にはなっておりません(税金は私が納付しています)。額を決定しローン返済者は私として毎月返済しているにもかかわらず、半年もストップしている意図が分かりません、当方は返済意思があるにもかかわらず止めて、なおかつ遅延利息をかけるという事も分かりません。銀行のすることですから間違えは無いのかと思いますが、当初のLLローンから現ローン返済の流れの中では銀行の手続き上に問題は無いのでしょうか。銀行は名義変更を望んでいると言うことでしょうか。そんなそぶりも感じたことも有りました。

ご返信いただき、ありがとうございます。

お父さまの相続人は何人いますか。不動産の相続手続きを進めることによって根抵当がある不動産の所有者が確定するわけですから、銀行側にもストップする理由はなくなると思います。

銀行は電話で対応しているだけですか? 担当支店に出向いて担当者に直に話をしましょう。

dai60962000をはじめその他名の投資・資産運用カテゴリの専門家が質問受付中

投資・資産運用 についての関連する質問