ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 9896
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり
107621047
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

長い間、気管支喘息を患っており、飲み薬、吸入薬、注射も効かなくなっています。気管支サーモプラシティ治療のことを知りました

ユーザー評価:

長い間、気管支喘息を患っており、飲み薬、吸入薬、注射も効かなくなっています。気管支サーモプラシティ治療のことを知りましたが、新しい治療法でもあり、症例数も多くないと聞きますが、評価を知りたいとメールいたしました。
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 71歳。男性。飲み薬は、テオフィリン、カルボシステイン、オロバタジン、モンテルカスト、症状が悪い時はステロイド(プレドニゾロン)を服用。吸入薬はサルタノール、シンビコート、スピリーバ、そして、8週間に1回ファセンラの注射をしています。
JA: ありがとうございます。上記の他に、内科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 現在の病院の主治医は、サーモプラシティ治療を薦めていません。2年前に、心不全で入院し、現在も通院中です。薬は、プロセミド、イグザレルト、ピソプロロールを服用しています。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。

気管支サーモプラスティ治療のデータについては国内のものがほとんどなく、海外での治療データが主になります。海外データをみれば、効果としては、治療1年後の喘息関連QOLの改善や増悪減少が期待でき、その効果が5年間継続することが報告されています。治療1年後には、79%の患者で喘息関連QOLの改善が認められ、重度の喘息発作が32%減少、喘息による救急外来受診が84%減少、喘息による学校の欠席、仕事の欠勤が66%減少しました。また、その後5年間は、重度増悪の患者数が平均44%減少、救急外来受診した患者が平均78%減少しました。国内で実施できる施設が限られますが、これらデータからみれば効果が得らえる事例も多いと思います。

ご相談者様にこのような治療が適切であるかについては、担当医の判断が重要と思います。

ご不明、心配の点について記載をお願いいたします。

Dr わかをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

評価、ありがとうございます。
ご不明な点がありましたら、またご質問相談ください。
私の名前リンクから直接質問いただくことも可能です。
お大事になさってください。

質問者: 返答済み 3 日 前.
12450;ドバイスを有難うございました。引き続き、担当の先生と相談しますので、一旦終了させていただきます。

ご不明のことがありましたら、また、ご質問ください。

お大事になさってください。

内科 についての関連する質問