ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 9975
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり
107621047
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

補聴器てに入るまで、一時、集音器(楽チンヒヤリング)などでしのげればと思っていますが、一説には集音耳を痛めるリスクがある

ユーザー評価:

補聴器てに入るまで、一時、集音器(楽チンヒヤリング)などでしのげればと思っていますが、一説には集音耳を痛めるリスクがあるとも聞きます。使い方の注意などはあるのでしょうか?
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 87さい
JA: ありがとうございます。上記の他に、内科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 女性、パーキンソンなのでエルドパの薬を飲んでいます

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。

補聴器は使う人に合わせて調整されますが、集音器の機能は基本的に音を大きくするだけです。このため使う人に合わせて細かく調整することはできず、大きな音が続くため聴力が低下する可能性もあります。耳への負担を考えれば、骨伝導式の集音器もご検討いただくとよろしいと思います。耳への負担が軽減すると思います。

回答の方、ご確認いただけましたでしょうか?

他に不明な点はないでしょうか?

回答をお送りいたしましたが、まだ評価をいただいておりませんでした。

お手数をおかけして誠に申し訳ありませんが、本回答への評価入力(上部・右の星印の数の選択)をお願いいたします。
評価を入力いただいても、追加料金などは発生いたしません。
次回以降、私の名前リンクから直接質問いただくことも可能です。

よろしくよろしくお願いいたします。

Dr わかをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問