ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 9218
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり
107621047
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

足の両方指先から踵の痺れるような痛みがあり、今年の夏で踵の痛みが始まり、涼しい日は痛みが軽いです。消化器主治医は肝硬変の

ユーザー評価:

足の両方指先から踵の痺れるような痛みがあり、今年の夏で踵の痛みが始まり、涼しい日は痛みが軽いです。消化器主治医は肝硬変のせいだと言いますが、整形外科の医師は\脊椎狭窄症で手術の要ありと言われています。
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 男、79歳、B型肝炎から肝硬変に進んでいます。ウルソデオキシコール100mg、レバミピド100mg、カンデサルタン2mg、を服用中。
JA: ありがとうございます。上記の他に、内科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 足裏の違和感の原因を知りたいです。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。

「消化器主治医は肝硬変のせいだと言いますが、整形外科の医師は\脊椎狭窄症で手術の要ありと言われています。」

→ 足裏の神経によるものか、皮膚の感覚によるものかによって対応が異なってくると思います。ご記載の状態に加えて、足底筋膜炎の可能性も考えられます。

整形外科ではこの点について確認されているでしょうか?

また、踵のしびれが脊椎狭窄症からのものであれば、坐骨神経痛の併発が考えられ、太ももやふくらはぎにも症状が出現します。これら部分のしびれや痛みはないでしょうか?

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

特に、ご不明、心配の点についてご記載をお願いいたします。

質問者: 返答済み 17 日 前.
25972;形外科ではMRIや採血等の各種検査の結果、脊椎狭窄症の診断でした。足底筋膜炎は云われていません。
また、腰から下への神経性の痛みもありません。夏の暑さで違和感が強くなると言ったら、通常は低温時に痛みが強くなり、逆だと云われました。
発端は、数年前から両足の親指同時に先端に違和感があり、指先を手で触っても何も感じないのに、歩行時に指先に何か当たっている感覚でした。同時に膝から下のふくらはぎ表面にパリパリするような違和感があり乾燥の所為かと保湿クリームを塗っていました。この頃に整形外科で受診しました。数年前のことです。
しかし指先の違和感が少しずつ広がり、時たま踵にも違和感があったのが、今年の夏を迎えてから指先から踵の違和感が確実なものになり、痛みの強い時は足裏の指先と踵を手で揉んだりしています。生活上はイヤな感じですが、歩行など影響が無く、よくいわれる間欠歩行などもありません。朝起きてから常時で、暑い日は夕方にかけて症状が強くなります。涼しい日には嘘のように症状が軽くなります。
先週、消化器病院の主治医に、足裏にこんな状態が続いているが肝硬変と関連は、と、ふと訊ねたところ、肝硬変からだと言われました。聞いたことにない情報なのでこのぺーに質問した状況です。

膝、ふくらはぎなどの症状は、脊椎間狭窄症に伴う坐骨神経痛に類似しているようです。腰周辺の神経の圧迫による症状です。

「消化器病院の主治医に、足裏にこんな状態が続いているが肝硬変と関連は、と、ふと訊ねたところ、肝硬変からだと言われました。」

→ 肝硬変では、例えば血中のアンモニアなど不要物が増えるため、神経症状が出現することがあります。アンモニアの測定結果次第ですが、アンモニア排出を促進する薬を使用したり、タウリン投与が改善につながることがあります。

Dr わかをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 17 日 前.
12354;りがとうございました。肝硬変との関連とアンモニアの事について主治医に詳しく尋ねてみます。
その結果により、整形外科で再度視て貰うことにします。

内科 についての関連する質問