JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 内科医
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 8932
経験:  大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

こんばんは 薬の副作用について心配なことがあるので、相談させてください。 老人ホームに入居中の父(86歳)ですが、最近

ユーザー評価:

こんばんは
薬の副作用について心配なことがあるので、相談させてください。
老人ホームに入居中の父(86歳)ですが、最近 筋力の衰えが激しく、見た目にも痩せてきていて、
食事中も居眠りをしてしまうほど朦朧とすることもあり、気分もふさぎがちで一人部屋にこもることも多くなっており心配です。老人ホームでは、2年半前から、ほぼこちらの薬を飲み続けています。・ピムロ顆粒(一日一回・夕食後)0.5g
・ドネペジル塩酸塩OD錠5mg、 アムロジピンOD錠5mg、 カンデサルタンOD錠8mg(各一日一回・朝食後)
・リマプロストアルファデクス錠5mg(一日3回・毎食後)
・酸化マグネシウム錠250mg(夕食後)
・タムスロシン塩酸塩OD錠0.2mg(一日一回・朝食後)血圧は、だいたい、124/69 くらいです。
2年以上前に血圧160を超えたことがあり、それ以来ずっと降圧薬を飲み続けている様です。また、12年前に胃がんを患い、腎臓にも転移してステージ4でしたが、薬でカンカイしました。
現在は、胃癌、肝臓がんの心配はないと思いますが、現在老人ホームで服用している薬について少し不安があります。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。

質問者: 返答済み 15 日 前.
26412;日のお昼頃にご回答いただいた方ですね?
ありがとうございました。 別の方の意見も聞いてみたいのですが…すみません。

一度お答えした質問であり、他の先生をご希望と思います。

私の方は担当を外れさせていただきます。

回答者が交代しました。回答を作成しますのでお待ちください

1 現在老人ホームで服用している薬について不安があるとのことですが、それはどのような不安でしょうか?

2 ご心配な状況かと思いますが、インターネット医療相談ではどのようなことでお役にたてるでしょうか?
状況を記載頂いたのみで回答を得たいことが疑問文形式で提示されていないため、何に回答していいか分かりかねております。

回答を得たいことを疑問文形式で提示ください。(例:何科を受診すればいいですか?)

※ インターネット上では無診察診療という医師法に抵触するため診断行為は行えません。
※ 特定の医療機関や医師の紹介や斡旋はトラブルの原因になるので行えません。

質問者: 返答済み 14 日 前.
dr-yamamoto様
よろしくお願いいたします。
父がお世話になっている老人ホームを巡回されている女性医師もヤマモト様です。偶然ですね。最近の父の状態は、よく眠れない、ボーとしてしまう、食事するスピードが遅くなっている、
食事中も居眠りをしてしまうこともある等です。
私の目から見ても、以前のような性格的な明るさはなく、筋力が急激に衰え、痩せてきているようで心配しております。血圧の薬で抑うつ的になる場合もあるようですが、服用中の薬でもこのような副作用は考えられますか?
アムロジピンOD錠5mg、 カンデサルタンOD錠8mg(各一日一回・朝食後)
①それぞれの薬のメリットとデメリットを知りたいです。
②また、こちらの薬を中止した場合に考えらるリスクにはどのようなものがありますか?

血圧の薬で抑うつ的というのは非常に稀な副作用だと思います。

ちなみにご自身で添付文書を検索して副作用の欄をみて驚かれたのかもしれませんが、非常にたくさんの薬の副作用の欄に抑うつと言う記載がありますので、血圧の薬で多い副作用ではないですよ。

安定剤や睡眠薬が処方されているということはないですか?ベンゾジアゼピン系のそれらのお薬で日中の朦朧状態やぼーっとするなどの副作用は高齢者ではよく見られますよ。

一度施設に確認されてくださいませ。

筋力の衰えややせが加齢性のものとは違い酷く急激なものであれば、神経内科を受診されてみてはどうでしょうか。何らかの神経筋疾患と言う事もあるかもしれません。

ただ、気持ちがふさぎがちで抑うつ症状がみられる場合、薬の副作用とは関係なしに老年期うつ病の可能性もありますので精神科や心療内科を受診してみるのも方法だと思いますよ。

アムロジピンとカンデサルタンについて

①メリットは双方とも血圧の降下作用がある所です。

アムロジピンはカルシウム拮抗薬と言う種類のもので、非常に広く使われている降圧薬です。

カンデサルタンはアンジオテンシンII受容体拮抗薬というものでこちらも非常に広く使われているもので、腎保護効果があるので慢性腎臓病を併発している高血圧の方にはよく使用されます。

②デメリット

降圧薬を使用するとEDになることがあります。

カンデサルタンはアンジオテンシンII受容体拮抗薬と言う薬で、この種類の薬木を付けなければならない点は腎機能が悪い人ですと高カリウム血症に注意する必要があるのと、脱水等の際には一時的に使用を中止しないと腎機能悪化を起こす可能性があるなどです。

②中止すると起こり得る事としては血圧の上昇です。それにより非常に高い血圧になると脳出血などの恐れもあります。

dr-yamamoto, 内科医
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 8932
経験: 大学病院や総合病院の勤務経験あり
dr-yamamotoをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 13 日 前.
39640;齢になると処方される薬の数が増え、副作用が起こりやすくなるとお聞きします。
本当に必要な薬なら良いのですが、そうでもないものまで漫然と飲み続けることには不安を感じます。
薬剤数を減らせないか見直しをしたり、増やさずに済む方法を考えて頂きたいものです。

みた感じ全て必要な薬のように感じますよ。胃薬を複数処方されているとかみただけで減らせそうな沢山の処方をされている事も多くありますが、お父様の場合は見た感じ不要な処方はなさそうな印象です。

お薬を減らしたい場合、主治医に相談されてみてください。

お大事にされてください。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12384;いたい分かりました。ありがとうございました。

内科 についての関連する質問