JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 内科医
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 51
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり
107621047
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

昨年、主人が肝硬変と診断され食道静脈瘤切除をしました。量は減りましたが、まだお酒を飲んでいます。

ユーザー評価:

昨年、主人が肝硬変と診断され食道静脈瘤切除をしました。量は減りましたが、まだお酒を飲んでいます。
次にどんな症状が出るでしょうか?
余命どのくらいでしょうか?

ご相談ありがとうございます。

よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12424;ろしくお願いします。

肝硬変にともなう食道静脈瘤術後であり、大変ご心配の状況と思います。

とくに、飲酒を続けられている場合、病状が悪化する可能性が高く、不安もつよい状況と思います。

ご記載いただいた状況で、今後に注意が必要な状態は肝癌の発生です。飲酒を続けられていれば、肝機能の悪化も起こる可能性があります。

このような状態では、アルコール性のてんかんを起こすこともあります。アルコールによるてんかんでは治療効果が得られにくいことも多く、痙攣が頻回となることもあります。

食道静脈瘤を合併した肝硬変では、1年生存率が約80%、3年が約70%、5年が約50%であることを示すデータがあります。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12354;りがとうございます。
飲まないことが一番なのですよね。

生存率は、実施された治療方法や、個々の状態によって異なります。このため、上記のデータが全例に当てはまるわけではありません。

参考程度にご覧になってください。

現時点では断酒が最も大切と思います。

Dr わかをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 日 前.
ありがとうございました。

ありがとうございます。

不明な点、心配な点がありましたら、またご質問相談ください。

内科 についての関連する質問