JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 総合診療医
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 2192
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

心拍数が就寝前の安静時にも90/秒あります。少し労作時に疲れやすいです。腰痛の痛止セレコックス.リリカ25ミリを約1年間

質問者の質問

心拍数が就寝前の安静時にも90/秒あります。少し労作時に疲れやすいです。腰痛の痛止セレコックス.リリカ25ミリを約1年間のんでおります。他にノルバスク.パリエットを15年程のんでおりますが、腰の痛止めを続ける前は疲れやすくありませんでした。このまま痛止め飲み続けてもよろしいですか?
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: 62歳男性です、脊柱管狭窄症で整形外科より1年前から前記の薬をいただいております。腰の手術も勧められておりますが仕事が休めず、手術をしようか決めかねています。高血圧、慢性胃炎、睡眠障害、高眼圧症の持病でそれぞれの病院で薬をいただいて治療しております。どれ位の間痛止めを飲んでいても大丈夫なのか教えてください。
投稿: 13 日 前.
カテゴリ: 内科
専門家:  Dr-K 返答済み 13 日 前.

総合診療医のKKと申します。もともとの専門は神経医学です。

 

「どれ位の間痛止めを飲んでいても大丈夫なのか」ということですが、これは、薬ごとに、また、患者様ごとに大きな差があります。

 

あなたが服用されている鎮痛剤のうち、神経障害性疼痛治療薬であるリリカは、神経に作用する薬であるが故に、めまいや眠気といった副作用が出やすいことで知られている薬です。

https://lyrica-navi.jp/pt/about/side_effect.html(←クリックして下さい)

 

また、リリカに依存性がある可能性も指摘されています。

https://rokushin.blog.ss-blog.jp/2012-09-04

 

セレコックスについても、様々な副作用があります(薬ですから当然ですが)。

https://clinicalsup.jp/drugslist/pc/00052751.html

 

前述の個人差のために、どれくらいの期間の服用が危険なのかを特定してお答えできるものではありませんが、鎮痛剤は脊柱管狭窄症の対症療法に過ぎませんので、漫然と服用を継続なさるべきではないと思います。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 13 日 前.
特にセレコックスの副作用が心配で長期服用は心疾患の危険ありと有りますが、意見をお聞かせください。 血液検査ではγgtpが15から40に1年間であがりました。薬の服用と関係ありますか。
専門家:  Dr-K 返答済み 13 日 前.

ご返信ありがとうございます。

 

セレコックスを含む、消炎鎮痛剤には共通して心血管系の副作用のリスクがあります。

https://medical-tribune.co.jp/news/2016/1115505669/

 

高血圧がおありのようですから、無い方に比べると、若干のリスクはあるかもしれません。

 

γ-GTPが上昇する原因は複数あり、薬剤もその原因の1つですが、あなたのγ-GTP上昇が薬剤性のものかどうかはここでは何とも申し上げかねます。

https://kankinou.net/shitteru/kannshougai.html 

 

リスク、副作用が無い薬はありません。

従いまして、服用するメリットがデメリットを上回る場合にのみ、患者さんもそのデメリットを承知した上で「清濁併せ呑む」ように、薬を服用するということになります。

 

セレコックス以外にも多剤を服用されていますから、副作用を懸念されるのであれば、その旨を主治医に告げ、メリットとデメリットを改めて比較されてはと思います。

https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2019/02/0219.html

内科 についての関連する質問