JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 内科医
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 5895
経験:  大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

質問:思考するうえで必要なエネルギーを素早く得るために最適な食材は何でしょうか。

ユーザー評価:

質問:思考するうえで必要なエネルギーを素早く得るために最適な食材は何でしょうか。
質問背景:強迫観念と診断されるほど起きている間、常に考え事をしています。そのため、私生活を毎日といっていいほど、脳が疲れしまう感覚を覚えます。
そのたびにチョコレートなどの脳のエネルギーになりそうなものを口にするのですが、大量に消費すればするほど、エネルギーになる代償として、ニキビの原因になってしまうのではないかと懸念しています。
そこで今回、チョコレート以外で脳のエネルギーになり、摂取してもデメリットが少ない食材は何があるか気になり相談させていただきました。
たくさんの答えがある質問になってしまい申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

回答を担当する医師です。よろしくお願いします。後ほど回答しますので少々お待ちください。
なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることをご了承ください。

御存じのように脳のエネルギー源はぶどう糖なので、炭水化物の摂取が脳のエネルギー補給には必要です。

直接的なエネルギーはぶどう糖ですが、脳内伝達物質であるセロトニンやドーパミンなどの原料はアミノ酸なのでタンパク質の摂取も必要です。

タンパク質の摂取は、肉、魚、乳製品、卵などの動物性蛋白質を具材料にし、それを米で包んだおにぎりを間食として摂取したり、バナナは糖やセロトニンの原料のトリプトファンが含まれているのでいいと思います。

強迫観念が原因であれば、それを精神科できちんと治療されたほうがいいでしょう。

dr-yamamotoをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 7 日 前.
32032;早いお返事ありがとうございました。
早速バナナ、おにぎりなど炭水化物、タンパク質の食材を中心に摂取したいと思います。
改めてありがとうございました!

内科 についての関連する質問