JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 内科医
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 5440
経験:  大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

私は糖尿病の心配が有ります。今迄食事で炭水化物と糖分を減らした,

ユーザー評価:

私は糖尿病の心配が有ります。今迄食事で炭水化物と糖分を減らした
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 努力をして来ましたがAICが6.6~6.7と下がりません。
JA: ありがとうございます。上記の他に、内科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 年齢は80歳になります。今薬はコレステロールのみですが。今後どの様な方法が薬を含めて教えて下さいお願いいたします。

総合診療医のKKと申します。

【情報リクエスト】

①現時点で、あなたは糖尿病と診断されているわけではないということでしょうか?

②「今後どの様な方法が薬を含めて教えて下さい」というご質問は、主治医にはされていないのでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

※電話相談をお勧めするメッセージが送られるかもしれませんが、それは私ども専門家が送っているのではなく、サイトが自動的に送っているものです。やり取りをしている専門家が、必ずしもその時に電話対応が可能であることを担保するものではないことにご留意下さい。 メールはサイトからの自動送信メールですのでそれについて専門家に返信しないで下さい。

※対面診療を伴わないインターネット遠隔医療相談でお答えできる範囲には、法的・技術的に限りがあります(それを越えると、医師法における「無診察診療」と見做される恐れがあります)。

ジャストアンサーの専門家登録規約には以下の記載があります。

(e) 医学、健康、獣医、ペットまたは大型動物分野の専門家は、医学または獣医学上の助言ではなく一般情報のみを提供するものとし、直接の診察または話し合いの後でのみ行われるべき診断、治療、または治療や行動の推奨は行わないものとし、当サイトで専門家と依頼人の関係を確立するような行動またはコミュニケーションを慎むものとする。

https://experthelp.justanswer.com/hc/ja/articles/201467930

質問者: 返答済み 11 日 前.
20170;のところ主治医は投薬は7.0からとの事ですが私の現在何か努力する事を教えて下さいお願い致します。

ご返信ありがとうございます。

糖尿病専門医のもとで診察と検査を受け、我流の糖質制限ではなく、管理栄養士の指導の下、食事療法と運動療法を行うことだと考えます。

必要ならば予防的に薬物療法も勧められるかもしれません。

下記のサイトから、日本糖尿病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本糖尿病会認定専門医検索】

http://www.jds.or.jp/modules/senmoni/(←クリックして下さい)

 

以上、ご参考になれば幸いです。

回答者が交代しました。以後よろしくお願いします。

80歳というご年齢であれば、今の数字で投薬をして低血糖を起こす方がデメリットが大きいので、内服はしないほうがいいと私も思います。

80歳で有ればHbA1c7パーセント未満を保っておられるのであれば、現状維持で十分です。

長期的な合併症はHbA1c7未満を保っていれば発症のリスクは下がります。

質問者様が今後行う事としては、毎年1回は眼科で眼底検査を受ける事、歯科で定期的に健診やケアを受ける事、糖尿病の主治医のところに定期的に通う事、暴飲暴食は避け、適度な範囲での運動、禁煙、節酒を続ける事です。
高齢の方の場合、タンパク質の摂取が著しく少ない方がおり、そのばあいサルコペニアという筋肉の減少が問題になります。筋肉量の減少は血糖を取り込む母体が少なくなることになるので糖尿病にもよくありません。
タンパク質の摂取量が適切かどうかも含めて、今のお食事内容を栄養士に計算してもらい、過不足があれば指摘をしてもらうのがいいと思います。

眼科は受診を忘れる方が多く、歯科を勧めたのは糖尿病になると歯周病になりやすく、歯周病になると糖尿病が悪化するという悪循環になるからです。

今の数値については、80歳というご年齢を考えれば、十分良好な数値ですので、現状維持が目標であって、これ以上お薬で下げる必要は全くありません。今の数値で薬を使えば低血糖を起こしますから、それによる血管のダメージや認知症に与える影響などの方がデメリットになります。

dr-yamamoto, 内科医
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 5440
経験: 大学病院や総合病院の勤務経験あり
dr-yamamotoをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 7 日 前.
12372;回答ありがとうございます。しばらくの間外出をして居りました、今連休中ですので平日にお電話をさせて頂きますので
宜しくお願い致します。    ( 時間帯や電話番号をお聞き致したいのですが?)       北村一繁
質問者: 返答済み 7 日 前.
12362;手数をお掛け致します。9/16日 にお電話を致しても宜しいでしょうか? 電話番号を教えて下さいお願い致します。
質問者: 返答済み 5 日 前.
36899;絡先のお電話番号をお知らせくださいお願いいたします。   又は私の携帯電話(090-3363-9691)に。

内科 についての関連する質問