JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 総合診療医
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 2015
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

はじめまして。 1週間前に蜂にさされ, 55歳女 服用中の薬はありません,

ユーザー評価:

はじめまして。
JA: こちらこそ、初めまして。どういった事でお困りですか?
Customer: 1週間前に蜂にさされ
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 55歳女 服用中の薬はありません
JA: ありがとうございます。上記の他に、内科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 蜂に刺され当日は患部が腫れて痛みがありました。現在腫れは無いのですが患部の周囲が赤いシミのような感じが広がってしまいました。そして腕全体に鈍い痛みがあり、動かす時かなり違和感があります。

総合診療医のKKと申します。

いわゆる虫刺されは、医学用語としては「虫刺症(もしくは刺虫症)」と呼ばれます。

相談者様のように、1週間が経っても痛みや突っ張りが引かないという経過は虫刺症としては典型的ではありません。

皮膚科疾患を視診せずに診断じみたことを申し上げるのは難しいのですが、ご記載から判断する限りは、蜂窩織炎や丹毒(たんどく)のような病態を起こされている可能性が否定できません。

【丹毒(たんどく)】

https://www.gohongi-clinic.com/section/hifuka/saikin.html(←クリックして下さい)

毛穴や汗腺、小さな傷(この場合は蜂に刺された部位)から、真皮に侵入して発症する病態ですので安静にして患部を冷やすとともに、抗生物質の服用あるいは点滴静注が必要となります。

皮膚感染症の中では重たい病気に含まれ、時には入院も要します。

早めに皮膚科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございます。
隆起がなく赤みが広がっていき
昨日からあざの治りかけのような紫色に変化し始めました。
と同時に鈍い痛みが腕全体に出てきて不安になりました。
蜂に刺されたことが発端で感染症ということがあるのですね。
病院を検討します。
ありがとうございました。

お役に立てたのであれば幸いです。

大事無いことを祈念しております。

Dr-Kをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問