JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 内科医
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 1068
経験:  国立大学医学部卒業。国立大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

慢性的な疲労感がありました。ある仕事の境目にガクッと気が抜けたのか1ヶ月前くらいに喉熱で38.5℃が2日くらい出てそこか

ユーザー評価:

慢性的な疲労感がありました。ある仕事の境目にガクッと気が抜けたのか1ヶ月前くらいに喉熱で38.5℃が2日くらい出てそこから思うように体力が回復せず、倦怠感や頭痛を感じる状況が続いていました。10日ほど前に微熱が数日続いたため内科の医師に受診、諸症状の相談、普段から気が抜けない休まらないことでストレスを強く感じていることも一因かと認識していていて、悩んでいることも相談しました。(強いストレスが一因なのではないか、取り組んでいる質のよい食生活や良質なサプリメントの摂取も自身に効いてこない違和感を感じている状況を認識していることを相談。)アプローチとしては当帰芍薬散を試す方向で処方していただきました。
数日後ある症状がありそれが好転反応なのかも含め再診と今後の方向性(内科以外ならその判断)の相談を希望しましたが、外来予約に電話をして簡単に症状を伝えたところ、看護師や事務を通して内科ではなく婦人科の範囲と思われる、内科では対応できないので(検査や対話もしないのに)、紹介状を発送するのでお金を振り込んでください、自分で探して他の医師に受診してくださいと一方的なぞんざいな対応を受けました。
この状態なのに一から医者探しは苦痛な状況であり負担を感じます。(負担を感じ不安な状況です。)
せめて紹介状の内容説明くらいは受けられないか(そんな対応を受け入れたと判断された状況で次にどんなところにつながるかが不安)都の患者相談窓口を通して1日ネゴシエートしても知らぬ存ぜぬですっぽかしを決め込まれている現在で、更に土日休みを一方的に決め込まれている状況で困っています。現在強い倦怠感とふらつきがあり、普段通りの体力とはいかない状況にてストレスや負担を極力回避しつつ、解決に向けていくための方法を考えています。
しかしながら現在疲弊しきっており、回復するための受診から受けた打撃のダメージから考えることもつらい状況に陥ってしまいました。
途方にくれています。
質問者: 返答済み 1 月 前.
32057;介状も受け取れていません。
この機会に、何かあった時に安心して受診できる広い視野で物事を見られるかかりつけ医を得たいという希望もありました。
そのこともお伝えしてあります。
転居後近隣にホームドクターを探すべくインフルエンザの予防接種をきっかけにするなどしていろいろな医者に足を運びましたが、高圧的かつ不安な対応をする受付や看護士さんが多く、そこを突破するストレスが尋常ではないので医者にかかること自体がストレスに感じる状況でした。
今回はいい先生だったかと思いましたが、悲しい経過になっています。
日々の戦いに負傷した時に手当てを求めて医者に行くわけなので、行くたびに誰が正しい合戦に巻き込まれてストレスや不安を感じるようでは患者は参ってしまいます。

質問ありがとうございます。

もうひとつの質問にも回答させて頂いている医師の山本です。

「看護師や事務を通して内科ではなく婦人科の範囲と思われる、」と言われたとのことなのですが、それはどのような症状でしょうか?

質問者: 返答済み 1 月 前.
Dr.Yamamoto、別件を含め解答ありがとうございます。
症状の内容はオンラインで他の利用者にも公開されてしまいますか?

質問は一般公開されています。

質問者: 返答済み 1 月 前.
36007;血様の状態です。
好転反応だといいのですが。

貧血様の症状で産婦人科への紹介というと、質問者様のご年齢は分かりかねますが、更年期障害を疑われたのか、もしくは月経過多による貧血の精査が必要と思われたのかいずれかでしょうか。

上記のようなことであれば、産婦人科を受診してみる意義は十分にあると思います。

産婦人科でも、産科メインのところよりは、ウィメンズクリニックとか、女性外来とかそういう外来がよろしいと思います。

その他には、もう一つの質問への回答にあるように、慢性疲労症候群の専門外来と、心療内科かカウンセリングというのが、今のところ症状改善に結びつくような受診先かと思います。

一般内科については、これ以上受診される必要はないと思います。

dr-yamamotoをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12450;ドバイスありがとうございます。Dr.Yamamotoのアドバイスの慢性疲労症候群の外来受診に解決の糸口を感じています。先般の病院対応にて疲弊しきってしまい、不安な状況でまた質問したいことが出てくるかもしれません。
その時はまた相談にのってください。

また後日質問したいことがでてきましたら、いつでも新しく質問をたててください。お答えさせて頂きます。

お大事にされてください。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございました。

内科 についての関連する質問